ボッシュの商用車ビジネスが10%超の成長率を達成

PR TIMES / 2014年10月10日 12時45分

IAAハノーバー国際モーターショー(商用車)2014

●ヴォルフへニング・シャイダー:「ボッシュは快調に前進」
●トラック、バン、バス向けの装備が自動車機器テクノロジー セクター全体の売上の4分の1を占める
●ボッシュはトラックやバス向けのインフォテインメント システムで欧州のマーケット リーダーとしての地位を確立





ハノーバー - ボッシュの商用車ビジネスは10%超の売上高成長率を記録し、自動車機器テクノロジー セクターの発展に大きく貢献しています。全体では、ボッシュの自動車ビジネスにおける2014年の成長率は7~8%に達する見込みで、本年度は自動車機器テクノロジー セクターでの売上の4分の1をトラック、バン、バス向けの製品が占めると予測しています。IAAハノーバー国際モーターショー(商用車)2014において、ロバート・ボッシュGmbHの取締役会メンバーで自動車機器テクノロジーを担当するヴォルフヘニング・シャイダーはこう述べました。「ボッシュの商用車ビジネスは、快調に前進を続けています」。この成長の主要な牽引役となっているのが、ディーゼル技術です。ボッシュはこの分野において、トラックやバスにだけでなくトラクターや建設機械などのオフハイウェイにもますます厳しくなる排出ガス規制が適用されることが追い風になり、成長を続けています。


排出ガス規制がディーゼル システムのグローバルな売上を後押し

新しい排出ガス規制の1例が、中国で導入される「China4」です。この規制により、今後は商用車への電子制御式高圧噴射システムと排出ガス後処理システムの装備が義務化されることになりました。これを背景に、ボッシュのコモンレール システムの今年度の売上はすでに2013年の2倍に達し、実に飛躍的な成長を遂げています。そこで、ボッシュは今年中に、中国でふたつめとなる商用車向け製品の製造拠点を開設する予定です。
厳しい規制により売上が増加しているのは中国だけではありません。トラック、バス向けの排出ガス後処理システム「Denoxtronic」においては今年度だけで約100万台世界中に出荷される見込みです。


ウェブ対応のトラック:経済性がカギ

ボッシュは特に欧州と米国において、ディーゼル技術と並び、商用車のネットワーク化にも重点を置いています。「2016年初めまでに、欧州と米国で販売される商用車の新しいモデルすべてがインターネットに接続できるようになるはずです」とシャイダーは述べました。ボッシュはトラックやバス向けのインフォテインメント システムで欧州のマーケット リーダーとしての地位をすでに確立していますが、このコネクティビティを商用車のさらなる低燃費化に活かそうとしています。その1例が「Eco.Logic Motion」で、最適な走行モードやルートを算出してくれます。このシステムを機能させるために、パワートレインとトランスミッションをナビゲーション システムに接続します。このシステムを装備すれば、燃費が平均5%向上するという結果がすでにわかっており、お客様のもとで行った測定調査では、この数字が9%に達するケースも出ています。ボッシュは将来的に、エンジンマネジメントとトランスミッション制御システムをインターネット ベースのリアルタイム データにリンクさせていきたいと考えています。これが実現すれば、商用車のパワートレインが地形や道路網の地理情報を入手できるだけでなく、制限速度や工事現場に関する情報も共有できるようになります。シャイダーの言葉を引用するならば、これは「ライブ情報に基づいた」最適化へとつながっていくことになります。


ボッシュの自動車機器テクノロジーは世界のお客さまの近くで事業を展開

中国、欧州や米国のお客さまに製品を供給するために、ボッシュは現地での協力体制と生産を重視しており、ドイツ国外では米国、ブラジル、中国、チェコ共和国、日本とインドに商用車用ディーゼル システムの製造拠点が置かれています。また、自動車機器セクターのグローバルな拡大は従業員の数にも表れています。2015年初めの段階でボッシュの自動車機器テクノロジーは約19万3,000人の従業員を雇用する計画で、これは2014年よりも約1万3,000人多い数字です。特にアジア地域において従業員の増加が予定されています。また、自動車機器テクノロジー セクターは研究開発分野に携わる従業員の数を、現在の約3万5,000人から3万7,000人超に引き上げる予定です。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング