【オンラインショッピングに関するアンケート調査】ここ1年で、携帯電話やスマホからオンラインショッピングした人は2割弱。購入した商品は「衣料品」が最も多く、増加傾向

PR TIMES / 2014年5月14日 9時36分

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、10回目となる『オンラインショッピングの利用』に関するインターネット調査を2014年4月1日~5日に実施し、11,363件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。
【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/18914/

──<< TOPICS >>────────────────────────────────
■直近1年間のパソコンでのオンラインショッピング経験者は全体の9割弱。そのうち年間10回以上利用者は半数強。購入商品で「書籍・雑誌」は過去調査に比べ減少傾向
■直近1年間の携帯電話・スマートフォンでのオンラインショッピング経験者は全体の2割弱。そのうち年間10回以上利用者は2割強。購入商品で「衣料品」「靴・バックなど衣類小物、装飾品など」は増加傾向
───────────────────────────────────────────



◆通信販売の利用状況
通信販売を「利用したことがある」は92.6%です。1年以内に利用した通販の申し込み手段は、「インターネット(パソコン)」(92.8%)が最も多くなっています。「インターネット(スマートフォン)」は全体の15.8%で、男性10代で3割強、女性10・20代で4割強、50代以上で1割以下と、年代差が大きくなっています。


◆パソコンでのオンラインショッピングの利用状況
直近1年間に、パソコンでオンラインショッピングをした人は全体の85.9%です。年間10回以上の利用者は半数強、男性30・40代や女性30代以上で5割強~6割となっています。

購入したものは、「食料品、飲料、アルコール」「衣料品」「書籍・雑誌」が各4~5割で上位3位です。「書籍・雑誌」は、過去調査に比べて減少傾向となっています。男性の上位3位は「食料品、飲料、アルコール」「書籍・雑誌」「パソコンなどコンピュータ関連機器」、女性は「衣料品」「食料品、飲料、アルコール」「化粧品、美容用品」です。性年代別のトップ項目を見ると、男性10~30代では「書籍・雑誌」(男性10代は「ゲーム、おもちゃ、趣味のものなど」も同率1位)、女性10代では「CD、DVD、BD、ビデオ」、女性20~40代では「衣料品」となっています。


◆携帯電話・スマートフォンでのオンラインショッピングの利用状況
直近1年間に、携帯電話・スマートフォンでオンラインショッピングをした人は全体の18.2%です。利用頻度は「2~3回」「4~5回」が各2~3割でボリュームゾーンとなっています。「10回以上」は23.8%です。女性30代で利用頻度が高くなっています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング