ヴィンテージシューズを捨てずによみがえらせる、サスティナブルな取り組み「オールドシューズ レストアプロジェクト」始動 ‐KOMEHYO SHINJUKU MENとECサイトにて販売開始‐

PR TIMES / 2020年10月23日 17時15分

2020年10月23日(金)より

「世の中の良質を永遠につなげていく」をミッションとし、日本最大級のリユースデパートを展開する株式会社コメ兵(以下、KOMEHYO)は、2020年10月より、ヴィンテージではあるものの、今までコンディションにより買取、商品化できなかったシューズを買取し、よみがえらせる取り組みとして「オールドシューズ レストアプロジェクト」を始動いたしました。
そしてこの度、10月23日(金)から、「KOMEHYO SHINJUKU MEN」(所在地:東京都新宿区新宿3-19-7)とKOMEHYOのECサイト「KOMEHYOオンラインストア」(URL: https://komehyo.jp/)にて、よみがえったヴィンテージシューズの販売を開始します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/884/120/resize/d884-120-401345-0.jpg ]



「オールドシューズ レストアプロジェクト」始動の背景

KOMEHYOは「つくる責任 つかう責任」を、現代の消費社会において必ず解決しなくてはいけない大きな課題と捉え、その解決そのものをビジネスとしています。今もなお大量の商品が作り続けられ、消費され、廃棄される中、単なるリユースにとどまらない「リレーユース※」に基づく活動のひとつとして、リメイクジュエリーなどを始めとした「価値の再生」にも力を注いでいます。

このプロジェクトは、「ファッションを大量消費せず、良質なものをできるだけ長く使い、価値あるものがたくさん循環する社会」を、お客様と共に創りたいという考えのもと発足しました。
今までは販売に向かないことから買取ができなかったり、買取ができても店頭には並ばなかったシューズを修復することで、革靴の状態に関係なく積極的に集めることができるようになります。結果として廃棄される靴を減らし、新たな価値ある「レストアシューズ」としてよみがえらせることができました。

KOMEHYOはこれからもブランドリユースNo.1企業として、「サステイナブル な生産と消費」を目指し、良質をつなげていく取り組みを続けてまいります。

※リレーユース:「モノは人から人へ伝承(リレー)され、有効に活用(ユース)されてこそ、その使命を全うする」という当社独自の概念。
つくる人の想いや、“誰かのために”とモノをつなぐ人の想いを大切に、次に使う人を「笑顔に」「幸せに」「豊かに」する、KOMEHYOの取り組みの基となる考え方です。


「オールドシューズレストアコレクション」とは

「レストア(Restore)」とは「元通りにする」という意味です。製造から時間が経過しても価値が通用するヴィンテージ品を、「復活」あるいは「保存」する目的で修復することを指します。
このコレクションは、ブランドや年式を問わない幅広い知識・経験を持つ専門バイヤーたちが集めた「良質な靴」を、国内の提携修理先工房でオリジナルに近い姿で修理・再生したコレクションです。
エドワード・グリーン、ジョンロブ、オールデンなどのブランドの名品を、KOMEHYOならではの「高い品質」、「豊富な品揃え」、そして「お手頃な価格設定」でご提供いたします。
靴の魅力にハマった方から、魅力に気づき始めた方など、多くの方が納得できる靴がそろいました。
(※)店頭・オンラインストア共に10月23日から販売
[画像2: https://prtimes.jp/i/884/120/resize/d884-120-571220-1.jpg ]




商品の紹介


[画像3: https://prtimes.jp/i/884/120/resize/d884-120-301976-3.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/884/120/resize/d884-120-906823-4.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/884/120/resize/d884-120-460527-5.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/884/120/resize/d884-120-754754-6.jpg ]




商品を集める取り組み

価値の再生が可能な靴を集めるため、今後様々な取り組みを行う予定です。
12月末までは、「買取保証金額」を設定し、対象ブランドの靴であれば必ず買取いたします。
※コンディションにより、通常の査定金額をご提示いたします。
※表革(おもてがわ)のシューズに限ります

【3,000円】 JOHN LOBB,EDWARD GREEN,BERLUTI,ALDEN,J.M.WESTON
【1,000円】 PARA BOOT,CROCKETT&JONES,CHURCHʼS,HERMES,GUCCI
[画像7: https://prtimes.jp/i/884/120/resize/d884-120-850418-13.jpg ]




KOMEHYO SHINJUKU MEN

〒160-0022東京都新宿区新宿3-19-7 らんざんビル
電話番号 :03-5379-3288(販売)
営業時間 :12:00~20:00
休業日 :不定休
URL : https://www.komehyo.co.jp/store/shinjuku-annex
[画像8: https://prtimes.jp/i/884/120/resize/d884-120-412776-7.jpg ]




オールドシューズ レストアプロジェクト マネージャー 田島 靖啓(タジマヤスヒロ)

2007年入社 KOMEHYO SHINKJUKU衣料担当
「自分も靴が大好きで、以前から良い靴が捨てられてしまうことに対して本当に『もったいない』と思っていました。でも、靴は履けなければ意味がない。だったらきちんと履ける状態にして、1足でも多く誰かの手にに渡るといいなと考え、会社に提案し、それがちょうど当社の事業と『リレーユース』の精神に合致していたため、今回のプロジェクトを実現することができました。」
[画像9: https://prtimes.jp/i/884/120/resize/d884-120-467548-8.jpg ]




株式会社コメ兵 会社概要

会 社 名 :株式会社コメ兵
代 表 者 :代表取締役社長 石原 卓児
本社所在地 :愛知県名古屋市中区大須3丁目25番31号
設 立 年 月 :2020年(令和2年)5月
U  R  L : https://www.komehyo.co.jp/
事 業 内 容 :
コメ兵は「リユーステック(テクノロジーの活用によって、便利に安心して利用できる健全なリユース市場を創造し、モノのシェアによる持続可能な社会を実現するためのソリューション)」によって、生活者にとってのリユースをより身近に、便利で、安心できるものに進化させることで、リユース市場の価値向上を実現する取り組みを進めております。コメ兵で取り扱うリユース品は、主に自社で運営する「買取センター」にて一般のお客様からお持ち込みいただいた品物を、専門の鑑定士が査定し仕入れた品物です。また遠方のお客様には宅配を利用した買取仕入も行っております。
これらを商品として展示・販売するまでに品質チェック及びメンテナンス等を十分に行い、「確かな商品を満足していただける価格で販売する」体制を整えています。また品揃えの充実・割安感の演出を目的とした新品商品も販売しております。
さらにEC とコンタクトセンターをハブに、お客様との様々な接点をシームレスにすることで、オンラインとオフラインを融合した便利で安心なご利用体験をご提供しております。


株式会社コメ兵ホールディングス 会社概要

会 社 名 :株式会社コメ兵ホールディングス
代 表 者 :代表取締役社長 石原 卓児
本社所在地 :愛知県名古屋市中区大須3丁目25番31号
設 立 年 月 :1979年(昭和54年)5月
U  R  L : https://komehyohds.com
事 業 内 容 :グループ全体の経営企画・管理・マーケティング及び不動産事業

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング