1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

エミレーツ航空、世界的人気を誇るVRプラットフォーム『Oculus Riftストア』で、初のVRアプリを提供開始

PR TIMES / 2021年9月27日 12時15分



[画像: https://prtimes.jp/i/52636/121/resize/d52636-121-1c2fb80c4c0530c1aa94-0.jpg ]

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=XovpWIS4vqU ]




エミレーツ航空初の没入型でインタラクティブなVR体験で、ファーストクラススイートやその他代表的なサービスをお楽しみいただけます。
最先端VR技術を通じて、複数のデジタルプラットフォームで世界中のお客様やファンを魅了するための次の一歩を踏み出しました。



エミレーツ航空はこの度、『Emirates Oculus VR』(エミレーツ・オキュラスVR)をリリースしました。エミレーツ航空の受賞歴ある業界最先端バーチャル・リアリティ(VR)体験で、ボーイング777ゲームチェンジャー機の完全密閉空間のファーストクラススイートをはじめ、代表的なA380機内ラウンジ、77列目の座席周辺の眺めなど、ご自宅にいながらエミレーツの機内をお楽しみいただけます。

エミレーツ航空初のVRアプリに関する動画(英語): https://youtu.be/XovpWIS4vqU



本サービスは、インターネット環境があれば誰でもエミレーツ航空ホームページおよびEmiratesアプリからご利用いただけます。また、『Oculus Rift』ユーザー向けの『Oculus Riftストア』でも提供しており、エミレーツ航空は最先端VR技術で世界中の人々を魅了するための次の一歩を踏み出しました。

『Oculus Rift』のエミレーツ航空VR体験に関する詳細(英語): https://www.emirates.com/english/experience/the-emirates-vr-experience/



エミレーツ航空コーポレートコミュニケーション・マーケティングブランド部門上級副社長のブトロス・ブトロスは、次のように述べています。「機内、地上およびデジタル空間において、エミレーツ航空は革新的で優れた顧客体験の提供を目指しています。2018年には、航空会社として世界で初めて先進的なウェブVR技術をデジタルプラットフォームに導入し、搭乗前のお客様にエミレーツ航空の素晴らしい没入型体験を提供しました。我々はその後も投資と開発を継続し、この度、エミレーツ航空初の本格的な『Oculus VR』アプリを発表できたことを嬉しく思います。
我々はこの取り組みを通じて世界的なリーチを拡大し、デジタルプラットフォームの利用者との関わりを深めることができます。また、パンデミックの影響でしばらく旅行に行けていない人が多いこのタイミングで公開することで、旅のインスピレーションや、フライトの選択肢を探している人々にとって特別な意味を持ちます。」


テクノロジー企業Renacen社との提携により、エミレーツ航空のお客様はホットスポット機能でエコノミークラス、ビジネスクラス、ファーストクラスの客室内の移動、座席の探索、そしてエミレーツA380の代表的な機内ラウンジやシャワースパをご覧いただけます。現在、プレミアム・エコノミークラスの客室と最新エミレーツA380のインテリアも体験いただけるバージョンを開発中です。


今後の展開として、『Emirates Oculus VR』アプリを通じて、お客様に目的地の探索をはじめ、エミレーツ航空の客室の選択およびフライトの予約と支払いなどの機能を提供する予定です。


現在、以下の方法でエミレーツ航空のVRを体験することができます。

『Oculus Rift ストア』内の『Emirates Oculus VR』アプリ: ユーザーはエミレーツ航空のフラッグシップ機であるA380とボーイング777-300ER ゲームチェンジャーの機内で、完全再現した客室インテリアをインタラクティブに体験することができます。例えば、機内ラウンジでアイテムを手にしたり、シャワースパでシャワーの水を出したり、プライベートスイートのドアを閉めたりすることができます。また、コックピットの中を探索することもできます。
PC/モバイル端末からEmirates.com、またはiOS/Android版Emiratesアプリ:エミレーツ航空のボーイング777型機とエアバスA380型機の機内インテリア(全20種類の客室構成)を、3D、ウェブVR、360度ビューでご覧いただけます。お客様は、オンラインチェックインの前に、3Dシートマップでご自身の座席を確認することができます。このツールでは、お客様が座席の移動や3D環境の中で希望の座席を予約することも可能です。また、『Google Cardboard』などのVRヘッドセットを使えば、ハンズフリーで機内のナビゲーションや座席の選択ができます。この受賞歴のある技術は、外部アプリケーションやプラグインは必要なく、すべてのデバイスに対応しています。

エミレーツ航空3Dシートマップ(英語): https://www.emirates.com/ae/english/experience/3d-seatmap/




エミレーツ航空のバーチャル・リアリティ体験は今年、権威ある第5回インターナショナルVRアワード『VRマーケティング・オブ・ザ・イヤー』部門で、トップ6のファイナリストに選ばれました。


エミレーツについて
エミレーツ航空は2002年に日本への就航を開始しました。成田国際空港や関西国際空港からドバイをはじめとする世界各地へ、最も快適な空の旅を提供しています。エミレーツ航空はその商品やサービスが評価され、世界のアワードの数々を受賞しており、今年のワールド・トラベル・アワードでは「リーディング・エコノミークラス」「エアライン・リワード・プログラム」「ビジネスクラス空港ラウンジ」の3部門で受賞しています。


お問い合わせ先
エミレーツグループ 広報
Redhill株式会社
Email: ekjapan@redhill.asia

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング