号泣必至!豪華人気俳優陣による珠玉の名作 「朗読劇 私の頭の中の消しゴム」待望の大阪公演決定!

PR TIMES / 2012年6月13日 17時26分



日本の連続ドラマ発!リメイクされた韓国映画は超絶ヒットを記録!
永久不滅の愛に、劇場中がむせび泣く至高の朗読劇。
遂に大阪での上演が決定!

涙、涙、涙で何と言葉にしていいのかすぐには見つかりません。本当に素敵な時間をありがとうございました。

5th、6th、7th…と続いていって欲しい舞台です。素晴らしい感動をありがとうございます!

ここまで感動するとは思いませんでした。脚本はもちろん、出演者の演技、演出一つ一つに心打たれました。

以上、「4th letter」終了後のアンケートより一部抜粋。

連続ドラマ「Pure Soul」として生まれ、韓国映画としてリメイクされた「私の頭の中の消しゴム」。若年性アルツハイマー病を発症し、愛する者の記憶を失っていく女性と、彼女を支え尽くす決意をする男性の、死よりも切ない別れと、永久不滅の愛を描いた珠玉の名作だ。2010年5月、ル テアトル銀座(東京)にて、日替わりの豪華人気俳優陣を迎えた朗読劇として甦り、劇場を感動の涙で包み込んだ。泣きすぎて途中退場を余儀なくされた方、公演終了後も涙が止まらず客席から立つことが出来なかった方、ロビーでうずくまってしまった方など…。生の声の感動が、多くの観客の心に響いた。大反響を呼んだ本作は、同年9月に2nd letterとして、天王洲 銀河劇場(東京)にて再演を実施。翌年5月に同劇場で3rd letterを上演。2012年3月には、NTTドコモPresentsプレミアムシアターとして、名鉄ホール(名古屋)で上演された。2nd letter上演後には、出版社の目にも留まり、脚本を元にした書籍も発売。全国学校図書館協議会第1414回選定書籍に選ばれている。回を重ねるごとに純度を増し、演目のファンを次々と増やしてきた本作。今年5月のゴールデンウィークに、四度目の公演「朗読劇 私の頭の中の消しゴム 4th letter」が、天王洲 銀河劇場にて上演された。客席には再び観客の嗚咽が響き渡り、大好評の内に終了した。そして7月、地方公演を求める声に応え、遂に大阪公演の上演が決定した。


東京公演の人気キャストも出演!
各界で活躍中の超豪華人気俳優陣が日替わりで登場!
あの忘れられないセリフをもう一度…。

ドラマや映画には無い、生の声と芝居を堪能できるのが、舞台の醍醐味。しかも出演者が超豪華となれば、尚更魅力的である。「朗読劇 私の頭の中の消しゴム」は、各界で活躍する豪華な俳優たちが、容赦無い稽古を積み重ねた上で出演することも特徴の一つだ。待望の大阪公演への出演者は、四度上演された東京公演の人気キャストも含めた、計3組の人気俳優陣が日替わりで出演する。加藤和樹(2nd letter出演)と新垣里沙(今回初出演)、別所哲也(2nd letter、3rd letter出演)と坂本真綾(1st letter、3rd letter出演)、佐々木喜英(2nd letter、3rd letter出演)と安倍なつみ(4th letter出演)と、錚々たる顔ぶれが揃う。各ペアによって、作品の様々な面が引き出され、時に全く別の演目にすら見えることもある本作。2日間限りの貴重な大阪公演、どの回も魅力的だ。
「朗読劇 私の頭の中の消しゴム」in Osakaは2012年7月14日(土)と7月15日(日)、梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて上演。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング