タグ・ホイヤーがJ1セレッソ大阪とオフィシャルタイムキーパー契約を締結 アクアレーサーセレッソ限定モデルを贈呈

PR TIMES / 2014年2月20日 17時47分



2014年2月20日 - 1860年創業のスイスの名門時計ブランドタグ・ホイヤーは、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)J1のセレッソ大阪(本拠地大阪府大阪市)と2014年シーズンよりオフィシャルタイムキーパーとしての契約を2014年2月1日付で締結、2月20日(木)に大阪にて、セレッソ大阪と共同で記者会見を行い、契約内容の詳細とコラボレーションを記念して発売される<タグ・ホイヤー アクアレーサー キャリバー5 セレッソ限定モデル>の発表を致しました。

会見では、キャプテンの山口蛍(MF)選手が代表としてセレッソ限定モデルの贈呈を受け、チームメイトの柿谷曜一朗(MF)、入団したばかりのウルグアイ代表WFディエゴフォルラン両選手と共に記念撮影を行いました。

これにより、タグ・ホイヤーはJリーグ2014年シーズンからセレッソ大阪のホーム公式試合すべてのオフィシャルタイムキーパーとなり、競技場内スクリーンでのロスタイムのスポンサー表示、スポンサーマッチの開催、年間アワードの贈呈などを行うほか、衛星放送スカパー!の「セレッソ大阪TV」(毎月第2金曜日初回放送)にてタグ・ホイヤーが選んだ「Football Moment」を選出します。また、選手・スタッフは移動時やクラブ公式行事でタグ・ホイヤーの時計を着用致します。

タグ・ホイヤーは「Football Moment」をテーマとして試合の全ての瞬間をサポートし、クラブ設立20周年の機に「世界で戦えるクリエイティブでタフなプレーヤー」の育成を目指すセレッソ大阪を応援していきます。

「オフィシャルタイムキーパーとして、セレッソ大阪とパートナーシップを結ぶことができ、非常に光栄です。」LVMHウォッチ・ジュエリージャパン株式会社取締役 兼 タグ・ホイヤー ディヴィジョン ジェネラルマネージャーのアントワーヌ・パンは述べています。「1920年にアントワープのオリンピック大会公式サプライヤーに選ばれて以来、タグ・ホイヤーは、モータースポーツやヨットレースなどのスポーツでオフィシャルタイムキーパーを務めてきました。時間とスポーツの関係は非常に深く、スポーツの伝説はすばらしい一瞬のプレイの積み重ねで生まれます。また、奇跡の多くはほんの数秒のロスタイムに起こるものです。この度新たな境地をサッカーのフィールドに広げ、タグ・ホイヤーの世界を通してサポーターの皆様と共にセレッソ大阪の勝利を祝う日を心待ちにしております。」

<タグ・ホイヤー アクアレーサー キャリバー5 セレッソ限定モデル>は2014年7月より、セレッソ大阪オンラインショップおよびタグ・ホイヤー西日本地区正規販売店限定で300本の発売を予定しております(予価税込270,000円)。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング