旅先でのテクノロジー:デジタルの危険は回避できる

PR TIMES / 2013年8月6日 9時15分

夏の休暇にお出かけですか?エフセキュアの調査により、旅先で特に意識すべきデジタル利用の注意点が明らかになりました。

ヘルシンキ発 - フィンランド本社発表資料抄訳

夏休みの季節になりました。人々がスマートフォンにタブレット、日焼け止めにタンクトップをかばんに詰め、気分転換に旅先でのんびりと過ごす季節です。あらゆるデバイスがつながり、目的地を見つけたり、思い出を記録したり、地元の友人と連絡を取り合うことはこれまでにないほど容易になりました。しかしテクノロジーが旅行を快適なものにしてくれる一方で、最近のエフセキュアの調査*により、旅先で特に意識する必要があるデジタルの注意点が浮き彫りになりました。

公衆無線LAN(Wi-Fi)とインターネットカフェの現実

旅行中は、空港やレストランといった場所での公衆無線LAN(Wi-Fi)ホットスポットの利用が便利ですが、52%の人々がその安全性とプライバシーについて懸念を抱いていると回答しており、実際それは妥当な懸念と言えます。エフセキュア ラボのセキュリティアドバイザー、ショーン・サリヴァンは、公衆無線LANは文字通り「公衆」のものとして捉えるべきであると述べています。見知らぬ他人とネットワークを共有しているため、誰かがあなたのしていることをこっそり覗くことのできるソフトウェアを利用しているリスクがあるのです。

「使っているデバイスが自分のものであるためにプライベートであるように感じるかもしれませんが、それは誤りです」とサリヴァンは言います。彼は、パスワードでアカウントにログインすることも含め、他人に知られたくないことは決して公衆無線LANの使用中に行うべきではないと忠告し、「私は地下鉄で友人と話すような内容については、喜んで公衆回線のWi-Fiを使いますが、オンラインバンキングは自宅で行います」と述べています。

図書館やインターネットカフェのような場所にある公共のパソコンについても同じことが言えます。サリヴァンは、パスワードを盗むスパイウェアがコンピュータに常駐している可能性もあるため、公共のパソコンはニュースを読むなどの当たり障りのない目的にのみ使用すべきであると忠告しています。

大切な人と連絡を取るのにどうしても公共の手段を使用しなくてはならない場合の一つの手は、休暇中にのみ使用するアカウントを別途作っておくことです。「そうしておけば、誰かに休暇用のEメールアカウントに侵入されたとしても、その目にさらされるのは母親やキャットシッターとのEメールだけで、メインのアカウントに入っているほかの機密データにはアクセスされずに済みます」とサリヴァンは説明します。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング