アウトウニオンの誇るシルバーアロー 25周年を迎えたフェスティバル オブ スピードへ

PR TIMES / 2018年7月11日 14時1分

Audi TraditionはAuto Union Type CレーシングカーとWanderer Streamline Specialを出展/英国で開催されるグッドウッド フェスティバル オブ スピードは25周年を迎える



2018年7月6日 インゴルシュタット:Silver Arrows (シルバーアロー)の通称を持ち、アウディの前身であるアウトウニオンが誇るレーシングカーが、グッドウッドのシルバージュビリー(25周年)を祝います。グッドウッド フェスティバル オブ スピードは世界最大のヒストリック モータースポーツイベントとして知られ、25年目となる今年は7月12日~15日に開催されます。Audi Tradition(アウディ トラディション)は100年以上にわたる自身のヒストリーから、シルバーに輝くレーシングカー2台をエントリーリストに載せました。1936年製Auto Union Type Cと、1939年製 Wanderer Streamline Specialです。
[画像: https://prtimes.jp/i/22539/123/resize/d22539-123-549356-0.jpg ]

Audi Japan Press Center: https://www.audi-press.jp/

グッドウッドに詰めかける20万人の観衆にとって、Auto Union Type Cは旧知の仲でしょう。このクルマの出走は、これまでイベントのハイライトであり続けてきました。520psを発生するV型16気筒エンジンはドライバーの背後にミドマウントされ、かつてAuto Union Type Cは340km/hという途方もない最高速に到達しました。1936年に初めて公開されたとき、このクルマはそのあまりに未来的なエンジニアリングによって、人々を驚嘆させました。同じ年、名手ベルント ローゼマイヤーのドライビングによって、ヨーロッパ選手権とドイツ ヒルクライム選手権を獲得しています。

今年、Auto Union Type Cのステアリングを握るのは、ハンス-ヨアヒム シュトゥックです。この事実は、アウディスポーツ史上のドライバーたちにとって、意義深いことです。なぜならば1930年代、シュトックの父ハンスはアウトウニオン チームのメンバーであり、ことヒルクライム レースとなれば、ほぼ無敵を誇った名ドライバーでした。ハンス-ヨアヒム シュトゥックは、Silver Arrowsをドライブするときには必ず、父が実際に使っていたレーシンググローブとゴーグルを身に着けます。

Audi Traditionがイベントの25周年に向けて送り込むもう1台は、Wanderer Streamline Specialで、グッドウッドでお披露目されるのは初めてです。80年前、アウトウニオン AGはこの流麗なマシーンを3台投入し、当時世界でもっとも過酷と言われたリエージュ ローマ ラリーを戦いました。リエージュ ローマ間を往復する全行程は4000km超におよび、約100時間のレース時間中、給油以外の停車はほとんどできず、車速は最低でも50km/h以上が要求されました。1938年にはフィニッシュラインを超えられたのは、全エントラントのうち3分の1。1939年には出走した51台のうち21台のみが完走しました。既述の3台のヴァンダラー レースカーは、すべてこの21台のうちに含まれています。その結果ヴァンダラーは、ワークスチームにとってもっとも重要な賞であったブランド ランキングを獲得しています。


※本リリースは、AUDI AG配信資料の翻訳版です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング