1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

くまモンおすすめの熊本県産品から厳選「Pasco 熊本県プロジェクト」第三弾! パン・菓子2アイテム 8月1日新発売 豪雨災害支援 売上の一部を寄付

PR TIMES / 2021年7月7日 16時15分

敷島製パン株式会社(Pasco)は、熊本県とコラボレーションし、熊本県営業部長兼しあわせ部長であるくまモンおすすめの熊本県産品の中から、Pascoが素材を厳選した「Pasco 熊本県プロジェクト」を展開しています。

このプロジェクトは、「熊本地震や豪雨災害からの復興に取り組む、熊本県の皆さまを応援したい」という想いと、「熊本県産素材の消費促進・認知拡大」に少しでも役立ちたいと考え、立ち上げたものです。

売上の一部(対象商品1個につき0.5円)を、令和2年7月豪雨災害へ寄付し、被災された皆さま方のお役に立てるよう取り組んでまいります。



「Pasco 熊本県プロジェクト」は、今年9月末まで展開予定で、第一弾として4月1日に2アイテムを発売、6月1日にも第二弾として2アイテムを発売しました。今回、第三弾として発売する新商品は、「パンケーキオムレット マロン&ミルクホイップ 3個入」と、「米粉入りイングリッシュマフィン 4個入」です。2021年8月1日より九州、中国、四国、関西、中部地区で発売します。

パッケージには、くまモンが現れる二次元コードを配置しています。
[画像1: https://prtimes.jp/i/36645/123/resize/d36645-123-782089-0.jpg ]


熊本県は球磨地方や山鹿エリアなど県北で盛んに栗が栽培され、全国2位の生産量を誇ります(熊本県観光振興課HPより)。「パンケーキオムレット マロン&ミルクホイップ 3個入」は、もちっとしたパンケーキ生地で熊本県産の栗のクリームと、熊本県産大阿蘇牛乳のミルクホイップクリームをはさみました。栗の甘みと牛乳のコクが感じられるパンケーキオムレットです。

「米粉入りイングリッシュマフィン 4個入」は、熊本県産米の米粉を入れたイングリッシュマフィンです。周りのスリット(切れ目)に沿って手でざっくりと割り、トースターでフチ一周にこんがり焦げ目がつくまで焼いていただくと、外はカリっと香ばしく、中は米粉ならではのお餅のようなもっちりとした食感をお楽しみいただけます。



パッケージの二次元コードを読み取ると、くまモンが現れる!

コロナ禍で外出やイベントが自粛される中、コラボ商品を通じ、遊びや楽しむ機会を提供するため、「くまモンAR企画」を実施いたします。
パッケージに掲載の二次元コード をスマートフォンで読み取ると、カメラを通じて現実の世界にパッケージと同じデザインの栗や米俵を持った仮想のくまモンが現れ、一緒に写真撮影が出来ます!
外で遊べなくても、自宅でご家族や、お友達、お一人でもお楽しみいただけます。
※一部対応していない機種があります。
[画像2: https://prtimes.jp/i/36645/123/resize/d36645-123-936821-2.png ]


【商品概要】
販売期間 : 2021年8月1日~9月30日
発売エリア : 九州、中国、四国、関西、中部地区
販売店 : スーパー等
・パンケーキオムレット マロン&ミルクホイップ 3個入
JANコード:4901820441850
内容量:3個入
・米粉入りイングリッシュマフィン 4個入
JANコード:4901820442000
内容量:4個入

【敷島製パン株式会社 会社概要】

[画像3: https://prtimes.jp/i/36645/123/resize/d36645-123-288357-1.png ]

本社所在地:愛知県名古屋市東区白壁5-3
代表取締役 社長:盛田 淳夫
創業:1920年(大正9年)6月
事業内容:パン・和洋菓子の製造、販売
社員数:4,023人
工場数:国内に13(グループ企業3含む)
事業所数:国内41

「パンで社会に貢献する」という理念のもと事業を展開。 2020年に創業100周年を迎え、長い伝統に培われた技術力と、新しい価値づくりへのチャレンジ精神で数々のロングセラー商品を生み、「超熟」シリーズをはじめとする食事用パンや菓子類を販売し、食べ方提案等を行っています。また、国産小麦の小麦粉を使用したパンづくりで、日本の食料自給率向上へ貢献する取り組みを続けています。
2019年7月より九州エリア進出(宮崎県、鹿児島県除く)、2020年4月から九州全県での販売を開始しました。

■お客さまからのお問い合わせ先
お客さま相談室 (フリーダイヤル)TEL:0120-084-835
【受付時間】月~土9:00~17:00

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング