民間最高の褒章「東久邇宮文化褒賞」を受賞!

PR TIMES / 2013年11月4日 16時2分

~高品質な商品づくりと社会貢献活動が認められ、由緒ある文化褒賞を授与~

株式会社わかさ生活の代表取締役社長 角谷 建耀知は、2013年11月3日(日)に“わかさ生活の国際的にも認められる高品質な商品開発”と“熱い想いを持った継続的な社会貢献活動”が称えられ、民間最高の褒賞と呼ばれる『東久邇宮文化褒賞』を受賞いたしました。



株式会社わかさ生活(本社:京都市下京区)の代表取締役社長 角谷 建耀知は、
“わかさ生活の高品質な商品開発”および“熱心かつ継続的な社会貢献活動の実施”が称えられ、民間最高の褒賞と呼ばれる『東久邇宮文化褒賞』を受賞いたしました。

2013年11月3日(日)文化の日、京王プラザホテル(東京都新宿区)にて授与式が開催され、賞を授受いたしました。

【東久邇宮文化褒賞とは】

東久邇宮文化褒賞とは、故東久邇宮盛厚殿下が「発明に上下の別はない。全ての日本国民が参加する1億総発明運動を推進したい」との想いから発明学会の名誉総裁を引き受けられ発足し、発明や日本文化発展のために文化・芸術・福祉・運動等の各分野において優れた業績に寄与し、世の人々に希望の灯火を照らした社会貢献の功績を評して授与される日本を代表する権威ある文化褒章のこと。

東久邇宮文化褒賞の受賞基準として、下記の項目を定められています。

1.文化的活動(芸術、美術、音楽等)に従事し、その振興に携わっていること。
2.文化的活動における社会的評価を受けていること。
3.世界の平和、文化的交流の為に、国際的活動に従事し、その振興に携わっていること。
4.人格的にも優れ、将来への展望を持ち、努力を怠らない者

わかさ生活の角谷 建耀知は、
「わかさ生活の素晴らしい商品開発、国際的にも認められる良質の商品は日本の誇りであり、東久邇宮殿下の発明理念や哲学と一致している」
「商品開発の分野を超えた社会貢献活動の功績」を評価され受賞いたしました。

これからもお客様に高品質な商品・サービスをお届けし続け、サプリメント業界品質No.1を目指すとともに、
人々のお役に立つことができる企業を目指し続けます。

<株式会社わかさ生活>

http://company.wakasa.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング