ノーロードREITファンドと為替ヘッジ付き新興国債券ファンドの販売開始のお知らせ

PR TIMES / 2012年10月26日 14時29分

 ソニー銀行株式会社(代表取締役社長:石井 茂/本社:東京都千代田区/以下 ソニー銀行)は、10月26日(金)より、新たに3ファンドを取り扱い投資信託に加え、販売を開始しますのでお知らせいたします。

 今回取り扱いを開始するファンドは、国内外のREIT(不動産投資信託証券)に投資するノーロード(ご購入時の販売手数料が無料)のインデックスファンド2 本と、先進国に比べて高い利回りが期待できる新興国債券に為替リスクを回避して投資ができるファンドです。

 ソニー銀行は、お客さまの多様な資産運用ニーズにお応えするため、引き続き投資信託の商品ラインアップを強化してまいります。

取り扱いを開始する3ファンドの概要( ソニー銀行の取り扱いファンド数合計:30社93本)
◇ SMT J-REIT インデックス・オープン
 国内の取引所に上場しているJ-REIT(不動産投資信託証券)に投資し、東証REIT 指数(配当込み)に連動する投資成果を目指すインデックスファンドです。販売手数料が無料のノーロードファンドです。
 運用会社:三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社

◇ SMT グローバルREIT インデックス・オープン
 日本を除く世界の各国の取引所に上場しているREIT(不動産投資信託証券)に投資し、S&P 先進国REIT 指数(除く日本、配当込み、円換算ベース)に連動する投資成果を目指すインデックスファンドです。販売手数料が無料のノーロードファンドです。
 運用会社:三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社

◇ エマージング・ソブリン・オープン(毎月決算型)為替ヘッジあり
 新興国の米ドル建てのソブリン債券および準ソブリン債券を主要投資対象とし、高水準かつ安定した利子収入に加え、値上がり益の獲得を目指す毎月分配型のファンドです。為替ヘッジを行うことで為替変動リスクを低減します。取り扱い中の「エマージング・ソブリン・オープン(毎月決算型)」との間でスイッチング(手数料無料での乗り換え)が可能です。
 運用会社:国際投信投資顧問株式会社

※各ファンドの詳細はサービスサイトをご覧ください。

ソニー銀行のサイト
企業サイト:http://sonybank.net/
サービスサイト:http://moneykit.net/

ソニー銀行株式会社 
登録金融機関 関東財務局長(登金)第578号 
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会
(C)Sony Bank Inc. 
MONEYKitはソニー銀行株式会社の登録商標です。 

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング