クリエイター向けに設計された、RTX Studio ノートPCとモバイル ワークステーションが、すべての大手 OEM メーカーから登場

PR TIMES / 2019年7月30日 13時40分

Dell、HP、Lenovo および BOXX が 10 の新デザインを新たに発売し、 RTX Studio のモデル総数が 27 に増加




[画像: https://prtimes.jp/i/12662/125/resize/d12662-125-373400-1.jpg ]

2019 年 7 月 29 日、ロサンゼルス — SIGGRAPH — NVIDIA は、10 種類の新しい NVIDIA RTX™ Studio ノート PC とプロフェッショナルグレードのモバイル ワークステーションが大手パートナーからリリースされ、全世界の 4,000 万人のクリエイターがリアルタイム レイトレーシング、最先端の AI および超高解像度のビデオ編集が可能になると発表しました。

Dell、HP、Lenovo および BOXX から最新のデザインが登場し、RTX Studio のモデル数が、現在発売中の 17 モデルを含めて、27 に増えます。これらのノートPCは、「RTX On」で使用できる 40 以上のクリエイティブおよびデザイン用アプリケーション に対応しており、数千万人のクリエイターがワークフローにレイトレーシングと AI を実装できるようになります。今週の SIGGRAPH では、Adobe, Autodesk および Blackmagic Design を含む、多様な独立系ソフトウェア ベンダーのソフトウェアを使って、NVIDIA RTX の特徴が披露されています。

NVIDIA は、新しいNVIDIA Studio ドライバ のリリースも発表しました。このドライバは、OTOY Octane Render や Blender、Autodesk Arnold、Maxon Cinema 4D、Adobe Substance Painter、Magix VEGAS Pro といった人気のクリエイティブ アプリケーションにおいて、SIGGRAPH に合わせたアップデートにおいて最適化されています。最新の Studio ドライバには、 Adobe Photoshop や Premiere といった OpenGL アプリケーションでの 30 ビットカラーにすべての GPU が対応するという、要望の多かった機能も追加されています。この機能により、クリエイターは 24 ビットカラーでよく見られるバンディングがない状態で、HDR 写真やビデオを完全な精度で加工できるようになります。

NVIDIA のGeForce ソフトウェア / テクノロジ担当ゼネラルマネージャーのジェイソン ポール (Jason Paul) は、次のように述べています。「RTX Studio ノートPCおよびモバイル ワークステーションは、クリエイティブ産業の中心へと急速に進んでいます。これらのマシンによって、クリエイターは、最先端の AI および超高解像度でのビデオ編集のための機能を簡単に入手でき、かつてはスタジオ丸ごとを必要としていた性能をモバイルのフォーム ファクターで発揮することができます」

GeForce RTX™ 2060 GPU を搭載したコンシューマー向けノートPCから Quadro RTX™ 5000 グラフィックスを実装したプロフェッショナルグレードのモバイル ワークステーションまでを網羅した、今回の新しいモデルは、以下のような構成となっています。

・Lenovo Legion™ Y740 Laptop Studio Edition: 15 インチおよび 17 インチのノートPCに GeForce RTX 2080 GPU まで搭載可能で、今週後半に発売予定。

・Lenovo ThinkPad™ P53 および P73: 15 インチおよび 17 インチのシステムで Quadro RTX 5000 GPU まで搭載可能。ThinkPad P53 は現在発売中で、ThinkPad P73 は 8 月初めより発売開始

・Dell Precision 7540 および Dell Precision 7740 モバイル ワークステーション: 本日より発売開始で、Quadro RTX 5000 GPU まで搭載可能。

・ HP ZBook 15 および 17 モバイル ワークステーション: Quadro RTX GPU 搭載で、17 インチのモデルでは Quadro RTX 5000 まで搭載可能。

・BOXX GoBOXX SLM モバイル ワークステーション: 15 インチのシステムでは Quadro RTX 3000 GPU が利用可能で、17 インチのシステムでは Quadro RTX 4000 または 3000 のいずれかが利用可能。

Dell 社クライアント ソリューション部門スペシャリティ プロダクト担当バイスプレジデント、トム トブル (Tom Tobul) 氏は次のように述べています。 「Dell Precision 7740 および 7540 モバイル ワークステーションと Quadro RTX GPU の組み合わせは、最新のデザイン、エンジニアリングおよびクリエイティブのアプリケーションを使用した場合に、最高のエクスペリエンスをお客様にもたらします。ワークステーショングレードの性能、信頼性および ISV 認証に加えて、プロフェッショナルは、外出先でも、先進のレイトレーシングと AI 機能を自らのワークフローに組み入れられるようになります」

HP 社 Worldwide Z by HP 担当バイスプレジデント、キャロル ヘス (Carol Hess) 氏は次のように述べています。 「RTX Studio ノートPCにより、クリエイターおよびデザイナーは、リアルタイムのレンダリングから VR 開発および AI を活用したビデオ制作にまで対応可能な驚異的な性能を、あらゆるクリエイティブ ワークフローに取り組むことができます。機能を強化した ZBook 15 および 17 のような Z by Hp ノートPCにより、当社のお客様は、最新の RTX を持ち歩いて、現場でも、クライアントとのミーティングの場でも、あるいは閃きを得たあらゆる場所で、最高の作品を作ることができます」

Lenovo 社のインテリジェント デバイス グループ、コンシューマー PC ビジネス担当バイスプレジデントのジュン オーヤン (Jun Ouyang) 氏は次のように述べています。 「Lenovo のお客様からのフィードバックとユーザーの皆さまのご意見により、当社のノートPCが、日々の業務およびヘビーデューティーなデジタル コンテンツ制作に使用されているのがわかっています。実際、Lenovo の調査によれば、グラフィックスが、高性能に求められる、もっとも重要な機能の 1 つとされています。そのため、当社が GPU テクノロジのリーダーである NVIDIA と連携し、新しいLenovo Legion Y740 Laptop Studio Edition をローンチさせるのは、当社にとって当然の選択でもあります。Max-Q デザインで、NVIDIA GeForce RTX 2080 まで搭載可能な、新しい Lenovo Legion ノートPCは、仕事でも、遊びでも、コンテンツ クリエイターにパワフルな性能を提供しますが、それらすべてが、コンパクトでスタイリッシュなデザインにまとめられているのです」

Lenovo 社ワークステーション / クライアント AI 担当ゼネラルマネージャー、ロブ ハーマン (Rob Herman) 氏は次のように述べています。 「当社では、ThinkPad P シリーズ モバイル ワークステーションに NVIDIA Quadro RTX GPU が搭載されるのを誇りに思っています。NVIDIA Quadro RTX 5000 カードへの対応により、当社の新しい ThinkPad P53 は現在、入手可能なもっともパワフルな 15 インチ モバイル ワークステーションとなっています。15 インチのモバイル ワークステーションでリアルタイム レイトレーシング、仮想現実および人工知能に対応できるようになったのは、最高の性能が必要で、モビリティも妥協したくないと考える、当社のユーザー様にとっての大きな 1 歩と言えます」

RTX Studio ノートPCとモバイル ワークステーションは、RTX GPU に専用の SDK と Studio ドライバで構成された NVIDIA Studio Stack を組み合わせた、NVIDIA Studio プラットフォームに含まれています。これらのノートPCとモバイル ワークステーションは、新しい RTX Studio 認証を得るために必要なハードウェアおよびソフトウェアの要件を満たしており、クリエイターは、自らのクリエイティブ ワークフローに最適なシステムを簡単に選ぶことができます。

このシステムとドライバには、最高レベルのクリエイティブ作業およびワークフローに対応できるように、厳しいテストが課せられています。Quadro RTX GPU が搭載された RTX Studio モバイル ワークステーションには、ISV 認証や IT 管理ツール、先進のビデオおよびディスプレイ機能といった、エンタープライズレベルの品質が追加されています。

RTX Studio システムには、GeForce RTX 2080、2070 および 2060 GPU、ならびにQuadro RTX 5000、4000 および 3000 GPU が搭載されています。RTX GPU は、ビデオ編集や 3D レンダリングを含めたコンテンツ制作を加速し、MacBook Pro より最大 7 倍の速さの性能を持っています(1)。Quadro RTX 5000 搭載のモデルは、モバイルのフォーム ファクターでは最大規模の 16GB のグラフィックス メモリを備えており、複数のアプリケーションを実行する、最先端のクリエイティブ ワークフローに対応可能で、出先ではそれまで不可能であった、大規模な 3D モデルも利用することができます。

これらのノートPCの多くには、4K 高精細ディスプレイと NVIDIA Max-Q テクノロジが実装されており、薄くて、コンパクト、軽量のデザインで驚異的な性能と電池寿命を得ることができます。

現在入手可能な RTX Studio ノートPCには、Acer ConceptD 7、Gigabyte AERO 15 OLED および AERO 17 HDR、BOXX GoBOXX SLM 15 および 17、Dell Precision 7540 および 7740、HP ZBook 15 および 17、Lenovo ThinkPad P53、MSI P65 Creator、P75 Creator、WS65、WS75 および WE75、ならびに Razer Blade 15 Studio Edition などがあります。今年後半には、Acer、ASUS、Dell、HP、Lenovo および Razer より、新たな RTX Studio ノートPCが出荷されます。

NVIDIA Studio のより詳細な情報については以下をご覧ください。 https://www.nvidia.com/ja-jp/design-visualization/creators/.

(1) 2019 年 6 月に NVIDIA が行った、16GB RAM、Intel Core i7-8750H CPU および GeForce RTX 2080 Max-Q を装備した RTX Studio ノートPCを、32GB RAM、Intel Core i9 CPU および Radeon Pro Vega 20 GPU を装備した 15 インチの MacBook Pro と比較した性能テスト。NVIDIA SOL 3D モデルを使ったMaya 2019 および Arnold 3.2.0.2 での Arnold のレンダリング時間が測定されました。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング