富士急行線に新型車両「6000系」を導入 ~平成24年2月29日(水)「富士急の日」に運行開始~

PR TIMES / 2012年2月16日 16時29分



 富士急行株式会社(本社:山梨県富士吉田市、社長:堀内光一郎)
では、平成24年2月29日(水)(“富士急の日”)より、新型車両
「6000系」の運行を開始いたします。車両全体のデザインは、当社の
観光列車「富士登山電車」等のデザインも手がけたデザイナー・水戸岡
鋭治氏によるものです。
 新車両の外観は富士山をイメージしたブルーを基調としたもので、
内装には床やつり革など随所に木を使用し、シートはオリジナルの
モケットとするなど、通勤型車両としてこれまでにない居心地の良さを
目指した”新しいローカル列車”の形を提案しております。通勤、通学
としてご利用のお客さまの他、富士五湖方面への観光のお客さまにも
楽しんでいただける車両となっております。
なお、平成24年3月18日(日)には、鉄道ファン向けのデビュー
記念イベントとして、車両撮影会やグッズ販売会も開催予定です。
詳細は下記の通りです。


1.新型車両6000系 車両概要
(1)車両形式  6000系
(2)編成数   3両×4編成
         (本年3月までに2編成、平成24年度内に2編成導入)
(3)運行路線  富士急行線 大月~河口湖間
(4)列車種別  主に普通列車

2.運行ダイヤについて
  運行開始日の2月29日は河口湖駅15:37発大月行きおよび
  大月駅16:42発河口湖行きの定期列車にて1往復運行いたします。
  (当日の運転状況や車両運用の都合により変更となる場合があります。)
   翌日以降の6000系の運行ダイヤについては、富士急行線ホーム
   ページにて随時ご案内いたします。

3.「富士急行6000系運行記念乗車券」発売について
  6000系のデビューを記念した乗車券を限定500部で発売いた
  します。
   発売日 :平成24年2月29日(水)~
   販売価格:1,110円
   販売箇所:下吉田駅、富士山駅、河口湖駅  

4.デビュー記念イベント
  ・日 時  平成24年3月18日(日) 10:00~(予定)
   6000系デビューを記念したオリジナルグッズの販売会や、
   車両撮影会を実施いたします。
   詳細は富士急行線ホームページにて順次ご案内いたします。
   富士急行線ホームページ http://www.fujikyu-railway.jp
 
5.デザイナーについて
  ドーンデザイン研究所主宰 水戸岡鋭治氏
  JR九州の新幹線「つばめ」や特急列車、和歌山電鉄貴志川線の
  「たま電車」などのデザインを手がけられた日本屈指のデザイナーです。

 【当社における水戸岡氏のデザイン実績】
  平成21年7月  富士急行線下吉田駅 駅舎リニューアル
  平成21年8月  観光電車「富士登山電車」運行開始
  平成22年8月  オープンバス「KABA BUS」運行開始
  平成22年9月  身延山ロープウェー ゴンドラ・駅舎リニューアル
  平成23年4月  「下吉田倶楽部」開業
  平成23年4月  水陸両用バス「YAMANAKAKO NO 
           KABA」運行開始
  平成23年7月  富士急行線富士山駅 駅舎リニューアル

6.「富士急の日」について
  富士急行株式会社では2月29日を「富士急の日」として日本記念日
  協会にて認定を受けております。229(フジキュウ)の語呂に
  ちなんで、4年に一度の2月29日にはさまざまなキャンペーンを
  実施しております。今回の新型車両の営業運転は、この「富士急の日」
  に合わせて開始することとしました。


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング