フリースケール、QorIQマルチコア・プロセッサ向けに新しいOpenFlow(TM)準拠ソフトウェアを統合。 SDN (Software Defined Networking) の導入を容易に

PR TIMES / 2014年3月5日 16時6分

フリースケールQorIQ通信プロセッサ上で動作する包括的なVortiQaソリューションにより、高度に最適化されたSDNシステムレベル・ソリューションの開発を加速

フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区下目黒1-8-1、代表取締役社長:ディビッド M. ユーゼ、以下 フリースケール)は、SDN (Software Defined Networking)の時代をリードするべく、新しいVortiQa(ボーティカ)SDNソリューションを発表します。新ソリューションには、現行世代および次世代のフリースケールQorIQ(コア・アイキュー)マルチコア通信プロセッサ上で動作するよう最適化されたVortiQaオープン・ネットワーク(ON)ディレクターおよびスイッチ・ソフトウェアが組み込まれています。

この包括的なソフトウェアには、商用グレードのOpenFlow準拠データ・プレーン・ソフトウェアがあらかじめ統合されており、機器メーカー各社は、高性能かつ最適なSDNシステムレベル・ソリューションの設計を加速することができます。QorIQを利用した設計サイクルの短縮化、ネットワーク管理の簡素化が可能になり、ネットワーク事業者は、導入コストと運用コストを削減することができます。

フリースケールのデジタル・ネットワーキング部門ソフトウェア&システム担当副社長であるラジャ・タベットは、次のように述べています。「過去数十年にわたって、フリースケールは、ネットワーク市場が変革するたびに重要な役割を果たしてきました。そして現在は、ソフトウェアとハードウェアを統合したソリューションを提供することで、プログラマブル・ネットワークの技術革新を促進する独特な立場に立っています。SDNを活用する際に、フリースケールのQorIQプロセッサとVortiQa SDNソリューションを使えば、SDN/NFV時代の要求仕様を念頭に開発された最適なSDNプラットフォームを手に入れることができます。」

新しいVortiQa SDNソリューションは、フリースケール製通信プロセッサをベースとするセキュア・ルータやゲートウェイなど、SDN/OpenFlow準拠の宅内通信機器(CPE)やエンタープライズ・ネットワーク機器を設計する際の主要な基盤を提供します。また、データ・センターや、プライベート、パブリック、ハイブリッド、いずれのクラウド・サービスのネットワーク・ソリューションにおいても、メリットがあります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング