札幌市とイオングループの「さっぽろまちづくりパートナー協定」締結について

PR TIMES / 2014年1月30日 14時51分



札幌市(市長:上田 文雄)とイオン株式会社(代表執行役社長:岡田 元也)、イオン北海道株式会社(代表取締役社長:柴田 祐司)、株式会社ダイエー(代表取締役社長:村井 正平)、マックスバリュ北海道株式会社(代表取締役社長:出戸 信成)は本日、「さっぽろまちづくりパートナー協定」の締結に合意いたしました。

これまでイオングループでは、イオン北海道が2009年1月23日に札幌市と「さっぽろまちづくりパートナー協定」を締結し、協働してまちづくりを推進してきました。このたび同協定を、ダイエーとマックスバリュ北海道、そしてグループ本社であるイオンを加えた5者に改定することで、札幌市とイオングループの双方が持つ資源を有効に活用し、産官相互の連携と協力を基盤に、札幌市のより一層の発展と飛躍を目指し、ともにまちづくりに取り組んでまいります。

本協定の取り組みの第一弾として、イオンは電子マネー「創造都市さっぽろWAON」を2014年3月1日(土)から発行します。イオンやダイエー、マックスバリュなどイオングループの店舗をはじめ、マクドナルド、ファミリーマートなど全国約17万3000箇所の「WAON」加盟店で「創造都市さっぽろWAON」を利用してお支払いされた金額の一部をイオンが札幌市に寄付し、文化芸術振興に役立てていきます。

本協定の締結を機に、イオンはグループの総力を挙げて札幌市と協働し、魅力的なまちづくりの推進に努め、市民の皆さまを対象にした新しいサービスの創出などを進めてまいります。

【本協定の概要】
(1)地域とともに環境行動を実践するまちづくり
(2)災害に強い、安心・安全なまちづくり
(3)ボランティアなど市民の主体的な活動を応援するまちづくり
(4)障がい者の自立支援を通じた、ぬくもりあふれる共生のまちづくり
(5)文化芸術振興支援を通じた創造性を育むまちづくり
(6)その他両者の協議により決定した事項

【ご参考】
◎「創造都市さっぽろWAON」について
・発行開始:2014年3月1日(土)
・販売場所:
 北海道内のイオン、マックスバリュ、ザ・ビッグ、イオンスーパーセンター等   (※一部、取り扱いのない店舗がございます。
 ダイエーは札幌市内の6店舗のみ販売します。)で取り扱いを開始し、その後順次、全国のイオングループ店舗で販売します。
・販売目標:6万枚
・発行手数料:300円
・チャージ可能金額:上限5万円(一回あたりのチャージ金額は2万9千円)

◎「創造都市さっぽろWAON」のデザイン


◎イオンの電子マネー「WAON」について
累計発行枚数:約3,780万枚(2013年12月末現在)
年間利用件数:約6億9,200万件(2012年度)
年間利用金額:約1兆2,000億円(2012年度)
年間利用単価:約1,730円(2012年度)
利用可能箇所:約173,000箇所(2013年12月末現在)

以上

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング