iPhone5s/iPhone5c 発売決定緊急リサーチ(マクロミル)

PR TIMES / 2013年9月13日 10時24分

今あらためて聞く iPhoneの魅力

■ あらためて聞くiPhoneの魅力、iPhoneユーザが選ぶ1位は「デザイン」
■ ドコモ版iPhoneへは、“独自のサービス”への期待が高め
■ ドコモAndroidユーザの6割は、本当はiPhoneを使いたかった? 
■ 新型iPhoneの購入意向、iPhone 5sは24%、iPhone 5cは13%
■ 人気カラーランキング、iPhone 5sは「シルバー」、iPhone 5cは「ホワイト」が1位




 株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:杉本哲哉、以下「マクロミル」)は、全国の15~69歳の消費者2,000人を対象に「iPhoneの魅力に関する調査」を実施しました。調査手法はインターネットリサーチ。調査期間は2013年9月11日(水)19時~21時。


<調査背景>
 アップル社は、「iPhone 5S」「iPhone 5c」を9月20日から発売することを発表しました。日本では、従来のソフトバンク、auに加えて、新たにNTTドコモからも販売されることが正式に発表され、国内主要キャリア3社がそろってiPhoneを販売することになりました。そこでマクロミルでは、契約件数の増減を大きく左右しているともいわれるiPhoneの魅力をあらためて確認するとともに、NTTドコモ参入後の各キャリアへの期待などを探りました。

<調査概要>
調査方法 : インターネットリサーチ
調査対象 : 全国、15~69歳の男女2,000サンプル(マクロミルモニタ会員)
割付方法 : 性別×年代別の人口動態割付
調査日時 : 2013年9月11日19時~21時
調査機関 : 株式会社マクロミル


あらためて聞くiPhoneの魅力、iPhoneユーザが選ぶ1位は「デザイン」


あらためてiPhoneの魅力とは何か?を知るため、「あなたがイメージするiPhoneの魅力」を複数回答で答えてもらいました。iPhoneユーザではやはり全体的にスコアが高めで、iPhoneのさまざまな特徴に魅力を感じている様子が伝わってきます。iPhoneユーザの1位は「デザイン」61%で、続いて「アプリの豊富さ」57%、「ブランドや世界観」「直感的でわかりやすい操作性」53%という結果でした。


一方、Androidユーザでは、「アプリの豊富さ」「デザイン」「ブランドや世界観」が40%弱で上位にあがりました。iPhoneユーザとAndroidユーザで魅力での大きなギャップが見られたのは「直感的でわかりやすい操作性」「タッチパネルの反応感度」など。実際に使用しないと分からないポイントが目立ちました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング