タグ・ホイヤーとモナコ グランプリ - タイムチェンジャー 《時の変革者》、そしてカーレースの先駆者

PR TIMES / 2014年6月4日 16時33分

2014年5月下旬、モータースポーツ界屈指の華麗なレースであるモナコグランプリが開催されました。フォーミュラ1の歴史に名を連ねるスイス時計ブランドとして、タグ・ホイヤーとモーターレースとの伝統を改めて世界に伝えるシーンとなりました。そして今回のモナコレースでは、レースの世界観を共有するタグ・ホイヤーの新作タイムピースも注目を集めました。



F1モナコグランプリの開催前夜の5月24日(土)、タグ・ホイヤー ブランドカラーに彩られた豪華ヨットの上では、タグ・ホイヤーによる毎年恒例のVIPパーティーが開催されました。このパーティーには、タグ・ホイヤーの長年にわたるフォーミュラ1のレーシングパートナーであるマクラーレン・メルセデスチームのレーサーも姿を現しました。プレステージ溢れるスイス クロノグラフの世界的リーダーであるタグ・ホイヤーと、モーターレースの象徴ともされるモナコグランプリを運営するモナコ自動車クラブ(ACM)との注目度の高いパートナーシップは、華麗、かつそのさらに奥深くで共有する価値観、そしてコミットメントのもと成り立っています。


タグ・ホイヤーとモナコ自動車クラブ(ACM) : 時を変革する先駆者
1911年、ACMはヨーロッパ中からレーサーを集めた初のレース、ラリー・モンテカルロを開催。1929年には世界初の市街地を走るフォーミュラ1グランプリであるモナコグランプリを開催し、その70年後には世界で初めてクリーンエネルギー車のラリーを企画しました。

一方タグ・ホイヤーは、1911年に自動車・航空機用のダッシュボードクロノグラフ<タイム・オブ・トリップ>で特許を取得して以来、レースカーと時計を結びつけ、スクーデリア・フェラーリとのパートナーシップ(1971-1979年)や、フォーミュラ1のオフィシャル・タイムキーパー(1992-2003年)、そしてフォーミュラ1史上最長であるマクラーレン・メルセデスとのパートナーシップ(1985年から現在まで)などにより、F1モーターレースの歴史の中で最も長い正統性とレガシーを誇る時計ブランドとなっています。

2011年、タグ・ホイヤーとモナコ自動車クラブ(ACM)は、世界で最も華麗なイベントのひとつであるF1モナコグランプリにおけるACMのオフィシャルウォッチ&クロノグラフ&アイウェアのパートナーにタグ・ホイヤーを任命するという、モータースポーツの歴史に残る契約を締結しました。さらにACMとのパートナーシップでは、2014年3月に開催された第15回モンテカルロ・新エネルギー車ラリーという代替駆動力のラリーも加わりました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング