フリースケール、世界最小ARMベースのマイクロコントローラをさらに15%小型化

PR TIMES / 2014年3月6日 13時41分

極小サイズでモノのインターネット(IoT)向けアプリケーションの革新的設計を実現する 最新Kinetis KL03



2014年2月25日、Freescale Semiconductor, Inc.発表本文の抄訳です。

ドイツ、ニュルンベルク(Embedded World 2014)-2014年2月25日-フリースケール・セミコンダクタ(NYSE:FSL)は、Kinetis(キネティス)ミニ・ポートフォリオをさらに飛躍させるべく、世界で最も小さく最もエネルギー効率に優れたARM(R)テクノロジベース32ビット・マイクロコントローラ「Kinetis KL03」を発表しました。Kinetis KL03マイクロコントローラは、従来世代のKinetis KL02デバイスを基盤としつつ、新機能や先進的な統合性を実現し、使いやすさも改善されています。さらに、そのすべてが今までよりも小さな1.6 mm × 2.0 mmパッケージに収められています。Kinetis KL03デバイスによって、開発者は消費電力削減と小型化を推進して、製品設計の時間とコストを抑えることができます。

先進的なウエハレベル・チップ・スケール・パッケージを採用したKinetis KL03マイクロコントローラは、従来世代のフリースケールKL02デバイスと比べて15%以上も小さく、競合する他社製32ビットARMマイクロコントローラと比べると35%の小型化を実現しています。この新しいSoCは、スペース制約の厳しい設計に理想的で、民生/ヘルスケア/産業市場の幅広いアプリケーションに対応します。また、急速に成長しているモノのインターネット(IoT)市場では、エッジ・ノードの小型化とインテリジェンス性の向上がますます必要とされており、この分野でも大きく貢献すると期待されています。
フリースケールのマイクロコントローラ部門グローバル・マーケティング/ビジネス開発担当ディレクターであるラジーヴ・クマーは、次のように述べています。「エッジ・ノード・デバイスにマイクロコントローラを組み込む際にサイズが障害とならなくなったとき、初めてモノのインターネット(IoT)の本当の可能性を判断することができるようになります。フリースケールは、マイクロコントローラの小型化がIoT革命を牽引する要であると考えています。新しいKinetis KL03の革新的な小型化により、エッジ・ノード製品のシステム設計は新たな技術ステージに入り、世界を変える力を持ったまったく新しい製品カテゴリを開発できるようになるでしょう。」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング