求む! 「関係性」をハックするヴィジョン WIRED presents 「CREATIVE HACK AWARD 2014」開催決定!

PR TIMES / 2014年4月10日 13時57分

WIRED主催によるクリエイティヴアワードが今年も始動。

今年の作品募集テーマは「コネクト“つながり”を発見し、改変せよ!」
既成概念を壊す“野心”と“ビジネスマインド”をもつクリエイターたちよ、集え!




世界で最も影響力のあるアイデア&イノヴェイションマガジン『WIRED(ワイアード)』は、
既成概念を壊す“野心”と “ビジネスマインド” をもつ次世代のクリエイターのために
「CREATIVE HACK AWARD 2014(クリエイティヴ・ハック・アワード2014)」を
株式会社ワコム協賛のもと開催いたします。

かつて日本のクリエイティヴコンテンツが、クールの象徴として世界を席捲する強力なパワーを有して
いた事実を、疑う人はいないでしょう。しかしそのストロングポイントは、いまや確実に脅かされてい
ます。そのことを自覚しなければ、日本のクリエイティヴシーンも早晩、「ガラパゴス」の罠に落ちる
ことになりかねません。そんな現状を認識したうえで、それでも日本のクリエイティヴの未来を切り拓
こうとしている「人材」に、次なるステップへと進むきっかけをもたらすべく、WIREDは2013年に、
「CREATIVE HACK AWARD」を立ち上げました。

今年も審査員にはゲームクリエイターの水口哲也、ライゾマティクス代表の齋藤精一、イアリンジャパン
取締役プロデューサーの笠島久嗣を迎え、クリエイティヴに関する「可能性」と「問題意識」を深く追
求、発信していくことで、クリエイターを鼓舞し、クリエイティヴ産業に対して新たな刺激をもたらし
たいと考えます。『WIRED』からのそんな思いが込められた「CREATIVE HACK AWARD」。
みなさんのご応募をお待ちしています。


■WIRED(ワイアード)
1993年に米国で創刊し、現在6カ国で展開する、世界で最も影響力のあるテクノロジーメディア『WIRED』
の日本版として、2011年6月にウェブサイトと雑誌を同時スタート。テクノロジーの進化を通して、カル
チャーから、サイエンス、ビジネス、医療、エンターテインメントまで、社会のあらゆる事象を、読み
応えのあるテキスト、美しいデザインとビジュアルでレポート。テクノロジーが時代をどう変え、時代
がテクノロジーに何を望むかを考えることで、来るべき世界の未来像を探る総合メディア。

■雑誌『WIRED』について
編集長:若林恵/エディトリアル・アドバイザー:小林弘人/WIRED VOL.11発売中
年4回発行(3、6、9、11月)/定価:494円/発行:コンデナスト・ジャパン

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング