ボッシュ・グループがEFQMエクセレンス アワード2014を獲得

PR TIMES / 2014年11月19日 10時20分

ブリュッセルでEFQMフォーラム2014が開催 / バリ工場が最優秀賞を受賞

・ボッシュのバリ工場(イタリア)が最優秀賞とその他3つの賞を獲得
・イタリアの企業で初めて「大企業」カテゴリーの名誉あるマネジメント賞を受賞
・ボッシュのブーランダー取締役:「ビジネス エクセレンスを目指す全従業員の継続的な尽力に感謝したい」




ブリュッセル - 欧州品質管理財団(EFQM)主催のエクセレンス アワード2014の表彰式がブリュッセル/ベルギーで開かれ、ボッシュ・グループが合計4つの賞を受賞しました。エクセレンス アワードの最優秀賞を獲得したのは、ボッシュのバリ工場です。このイタリアの工場はこのほかにも、「持続可能な未来の創生」、「機敏なマネジメント」、「優秀な人材による成功」の各カテゴリーで計3つの賞を獲得しました。また、バリ工場はイタリアの企業で初めて、「大企業」カテゴリーにおいて最優秀賞受賞を果たしました。「EFQMのエクセレンス アワードを、25周年という記念の年に受賞できたことを大変栄誉に感じます。ボッシュの従業員はこれまでに数多くのことを成し遂げてくれました。今後もさらなる『ビジネス エクセレンス』を目指して活動を続けてもらいたいと思います」。授賞式の後にこう述べたロルフ・ブーランダーは、ボッシュ・グループ取締役会メンバーとして自動車用パワートレインと品質を担当し、EFQMの理事会役員も務めています。この賞はビジネス エクセレンス分野の活動の重要さを広く伝えるために設けられ、ボッシュ・グループもEFQMの設立メンバーとして関わってきました。なお、バリ工場は同賞を受賞したことで、ブルサ/トルコ(2003年および2008年)とバンベルク/ドイツ(2012年)の成功に続き、最優秀賞を獲得したボッシュの3つめの工場となりました。

バリ工場:従業員の大きな貢献
EFQMの審査員団が特に高く評価したのは、バリ工場のスタッフのモチベーションの高さと大きな貢献についてです。EFQM理事長のマルク・アンブラード氏はこう述べます。「バリ工場は、情熱と精度をほぼ完璧に『融合』しています。企業環境の変化を受け入れるスピードが、持続可能性のある傑出した結果につながったのでしょう」。バリ工場の2,000人の従業員を代表し、工場長がブリュッセルの表彰式で賞を手渡されました。バリ工場で営業担当部長を務めるイェンスラストは、「戦略的目標を達成するために積極的に取り組んでくれた全従業員に感謝の意を表したいと思います。継続的な改善を目指す彼らの熱い思いこそが、このサクセス ストーリーの基盤となっていると言えるでしょう」と述べました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング