日本を代表する客船「飛鳥II」でアジアを満喫

PR TIMES / 2013年9月13日 14時21分

ロイヤルロード銀座 開設10周年特別企画 国内外の豪華な「鉄道、船、航空機」を利用する 2つの新コース

 株式会社JTB首都圏(東京都品川区、代表取締役社長:生田亨)の高品質旅行専門店ロイヤルロード銀座は、開設10年記念商品として、このところ人気が高まっている「飛鳥II」クルーズと国内外の贅沢な乗り物を組み合せた2コースを企画しました。



 今般、「飛鳥II」に、オリエント・エクスプレス社が運営する豪華な列車とリバークルーズを組み合わせたコースを企画しました。豪華列車イースタン&オリエンタル・エクスプレスにてシンガポール、マレーシア、タイを観光し、最近注目を集めているミャンマーでは、同じくオリエント・エクスプレス流の優雅なリバークルーズが楽しめる、ロード・トゥー・マンダレー(ミャンマークルーズ)に乗船します。欧米でも人気の高い3泊4日のリバークルーズにて貴重な歴史的文化遺産を訪れます。その後は、ホーチミンからシンガポールまで「飛鳥II」のクルーズを楽しみます。

 また、「飛鳥II」と、昨年より日本航空の国内線で導入された沖縄線のファーストクラスを組み合わせたコースも発売します。「飛鳥II」での4泊の台湾クルーズの前後に、「ザ・リッツ・カールトン沖縄」1泊と「星のや竹富島」2泊を組み合わせ、航空機、地上ともに優雅な旅を演出します。

 2013年度上半期は、景気への期待感もあり、クルーズをはじめとした高品質な旅行の販売が好調に推移しています。日本船クルーズの販売が前年比約130%と伸びており、10日間前後の日程で50万円以上のクルーズ商品などが人気となっています。また、5月に発売された日本船の2015年世界一周クルーズが7月までに全て完売するなど、高品質な旅行への関心が高まっています。外国船のクルーズだけでなく、優雅な旅を求めるシニア層を中心に、高級旅館に例えられる日本船の魅力にも再び高い関心が寄せられています。

商品概要は以下の通りです。

<3種の豪華&ゆったりを愉しむ 新アジア紀行15日間>

出発日 :2014年1月31月(金)発
航空会社:全日空ビジネスクラス(往復)
宿泊  :シンガポール1泊、オリエント急行2泊、バンコク1泊、
 ヤンゴン2泊、ロード・トゥー・マンダレー3泊、
ホーチミン1泊、飛鳥II(アスカスイート)3泊、
機内泊1泊
旅行代金:おとなお一人様 230万円(2名1室利用の場合)
 募集人員:5室10名

<JALファーストクラス利用 飛鳥II台湾クルーズと
ラグジュアリーリゾートホテルスティ8日間>

出発日 :2013年12月1月(日)発

航空会社:日本航空ファーストクラス(往復)
宿泊  :ザ・リッツ・カールトン沖縄1泊、
飛鳥II(アスカスイート4泊)、星のや竹富島2泊
旅行代金:おとなお一人様 80万円(2名1室利用の場合)
募集人員:5室10名

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング