Audi e-tron Vision Gran Turismoが日本初上陸

PR TIMES / 2018年7月27日 20時1分

来たる8月4日(土)、Audi e-tron Vision Gran Turismoが富士スピードウェイをデモラン/Gran Turismoに登場するバーチャルカーを、Audi Sportが600hpのEVレーサーとして実車化




アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:斎藤 徹)は、SUPER GT第5戦開催中の8月4日(土)、17:00~18:00にかけて富士スピードウェイ レーシングコースにて、Audi e-tron Vision Gran Turismo(ビジョン グラン ツーリスモ)のデモンストレーションランを行ないます。
[画像: https://prtimes.jp/i/22539/130/resize/d22539-130-322924-0.jpg ]

Audi Japan Press Center: https://www.audi-press.jp/

Audi e-tron Vision Gran Turismoは、プレイステーション4用レースシミュレーションソフト「グランツーリスモ」とのコラボレーションにより、アウディがデザインしたバーチャルカーです。アウディはこのクルマは仮想世界に留めることなく、現実世界のワンオフカーとして開発/製造しました。Audi e-tron Vision Gran Turismoは200kWの電気モーターをフロントアクスルに1基、リヤに2基を備えるフルタイム4WDのEVで、つまりエレクトリックquattroです。システム総合出力は600kW(815hp)に達し、1,450kgというEVとして比較的軽量な車重を背景として、パワーウェイトレシオはわずか1.78kg/hpに収まっています。スポーツドライビングに大きな影響を与える前後重量配分は、理想的な50:50です。このスペックをもって、0~100km/h加速では2.5秒以下という驚異的なタイムを実現しています。

エクステリアデザインおよびカラーリングは、Audi 90 quattro IMSA GTOへのオマージュを基にしています。この伝説的なレーシングマシーンは1989年、パワフルな5気筒ターボとquattroシステムの組み合わせをアドバンテージに、ハンス-ヨアヒム シュトゥック、ワルター ロール、ハーレイ ヘイウッド、スコット グッドイヤーらの手によって北米IMSA GTOシリーズを席巻しました。

Audi e-tron Vision Gran Turismoは4月14日のフォーミュラE ローマ戦を皮切りとして様々なイベントに登場し、ゲストの皆様へレーシングタクシーを提供することによって、eモビリティへのエキサイティングな架け橋となってきました。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング