30名超の著名漫画家がヒーロー魂をぶつけ合った「ヒーロークロスライン」シリーズの描き下ろし新作がeBookJapanに登場!!

PR TIMES / 2012年5月1日 11時39分



国内最大級の電子書籍販売サイト「eBookJapan」(http://www.ebookjapan.jp/ebj/)を運営する、株式会社イーブックイニシアティブ ジャパン(本社:東京都千代田区西神田2-5-2、代表取締役社長:小出斉、略称eBookJapan)は、「ヒーロークロスライン」シリーズの新規描き下ろし作品を5月15日配信予定「KATANA」(当社発行Webマガジン、毎月第3火曜日発売)53号に掲載いたします。また、それにさきがけまして、これまでに発表された作品を電子化し5月1日よりリリースいたします。

「ヒーロークロスライン」シリーズは、共通世界観“オルタレイション・ワールド”を舞台に数多のキャラクターが、時に共闘、時に敵対しながら物語を紡いでいくクロスオーバープロジェクト。村枝賢一、たかしげ宙、長谷川裕一、岡崎つぐお、能田達規、衣谷遊、馬場民雄といったヒーローをこよなく愛する漫画家(漫画原作者)が30名以上参加し、幼少時に影響を受けた「仮面ライダー」シリーズや「ウルトラマン」シリーズ、「秘密戦隊ゴレンジャー」をはじめとする東映特撮シリーズへのオマージュやリスペクトを込め、オリジナリティあふれる作品世界を展開しています。

今回新作として「KATANA」53号に掲載される作品は、以下の3作品です。
(1)『プリマスII』(岡崎つぐお)
オルタレイション・バースト(能力者集団発生)より10年前の世界を舞台にしたSFアクション。異次元の世界から来たプリマスと少年・ヒロキが、妖精獣と戦う「ヒーロークロスライン」シリーズの一作として発表された『プリマス A PLOT OF NIGHT MARE』の続編にあたります。

(2)『ニードルアイ』(作:新井リュウジ イラスト:村枝賢一)
オルタレイション・バーストから数年後の世界を舞台に北関東を制圧せんとするモドキノッカーズと国防省「山桜隊」、そして千練ゆうき達の三つ巴の闘いを描いた「ヒーロークロスライン」シリーズ唯一のライトノベル作品。

(3)『火星のココロ Hello come to Mars.』(馬場民雄)
オルタレイション・バーストから約50年後、火星コロニーに住む少女・ココロが、さまざまな出会いや冒険を通して成長していく姿を描いたハートフルSFストーリー。本作では、他作品のノッカーズが多数登場予定です。
eBookJapanでは、今後もビッグタイトルや名作を中心に、積極的に電子書籍化を行い、新たな試みにも挑戦してまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング