省スペース執務デスク「STRATA(ストラタ)」を発売 ~先生の声から生まれた、先生のためのデスク~

PR TIMES / 2020年11月17日 15時15分

~コクヨの提案する職員室の働き方改革~

コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、コンパクトながら豊富な収納量と机上面の作業スペースを広々と確保することで、学校の先生の働き方をより快適にする、教員向け執務デスク「STRATA(ストラタ)」を、12月下旬から発売します。



今回発売する「STRATA」は、現場の先生とのワークショップから生まれたアイデアをもとに開発されたデスクです。職員室の課題である、「収納量の不足」「スペースの少なさ」を解決し、快適かつ効率的に働くことのできる職員室を構築できます。
デスクの足元スペースを収納として有効活用することで、コンパクトな天板サイズ(W900×D600mm)ながら作業に必要な机上スペースを十分に捻出することができます。また、コンパクトな天板サイズを採用したことで、ゆとりを持たせた職員室レイアウトが可能になりました。足元の収納スペースは、当社収納庫と同等の耐荷重40kg(棚一段あたり)を確保した、オープン棚を採用しているため、教材や書籍、書類などをしっかり収納ができ、出し入れも容易です。高さ違いの2タイプ(H720mm/H900mmの2種)を用意し、A3のテストやプリントを一時的に保管することのできるオープン棚、文具やスタンプなどコンパクトに収納できる錠付き引き出しを標準で装備(※)しています。カラーは天板色2色/フレーム色2色を中心に、カバンフックやデスクトップパネルなど、充実したオプションも取り揃えています。
(※)職員室モデルのみ
[画像1: https://prtimes.jp/i/48998/131/resize/d48998-131-975526-0.jpg ]

○発売予定:2020年12月下旬
○メーカー希望小売価格(本体税抜価格):スタンダードデスク H720×W900×D600mm
職員室モデル(錠付き引き出し付き) 84,000円、オフィス向けモデル 69,200円、他


教員向け執務デスク「STRATA(ストラタ)」の特長
1.収納力と耐荷重性能、A3ヨコが収納可能なオープン棚
デスクの足元スペースを収納として有効活用することで、手狭になりがちな机上の整理をサポートします。棚1段あたりの耐荷重は、実用性備えた40kgを採用。A3のテストやプリントを一時的に保管することのできるオープン棚、文具やスタンプなどコンパクトに収納できる錠付き引き出しを標準で装備しています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/48998/131/resize/d48998-131-225001-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/48998/131/resize/d48998-131-861301-2.jpg ]

2.働き方に合わせて選べる、高さ違いの2タイプ
デスクは、W900mmの1サイズで、高さ違いの2タイプ(H720mm/H900mmの2種)を用意しました。H900は作業性を確保しながら立ち座りがスピーディーにできる高さ設定です。教室と職員室の移動や急な児童生徒対応など、立ち座りの多い教員にはH900タイプがおすすめです。
[画像4: https://prtimes.jp/i/48998/131/resize/d48998-131-211101-3.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/48998/131/resize/d48998-131-604141-4.jpg ]

3.小規模オフィス向けモデルも同時発売
小規模オフィス向けに、W900mmに加えて、さらにW1000mm/W1200mmもラインナップ。
カラーは天板色2色/フレーム色3色を用意し、トレンドにマッチした空間づくりが可能になります。
[画像6: https://prtimes.jp/i/48998/131/resize/d48998-131-758492-5.jpg ]

4.飛沫拡散防止対策にも対応
飛沫拡散防止対策としてストラタ専用アクリルパネル(フロント・サイド)もご用意しています。また、ストラタ使用時の飛沫拡散防止対策レイアウトプランもご用意しています。
[画像7: https://prtimes.jp/i/48998/131/resize/d48998-131-189567-6.jpg ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/48998/131/resize/d48998-131-724846-7.jpg ]

※商品サイト: https://kokuyo.jp/strata/
※本記載の商品外観や仕様等は、予告なく変更する可能性がございます。あらかじめご了承ください。
                                 以上

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング