ダイエットの最終回答! 『Karada Manager』の集大成 「らくらくダイエットモード」いよいよ登場!

PR TIMES / 2012年7月31日 11時54分



モバイル、インターネットサービスを手掛けるネオス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:池田 昌史 以下ネオス)は、2012年7月31日より、トータルヘルスケアサービス『Karada Manager』に新機能「らくらくダイエットモード」を実装いたしました。

「らくらくダイエットモード」は、体重記録と共に、あらかじめ設定した指示(「やることリスト」)に対して、実践した結果を記録していくだけの、手軽なダイエットを実現するサービスです。
「やることリスト」には、十人十色のダイエット方法をフォローするための多彩な実践タスクを用意。ユーザー個人の生活スタイルや目標に合わせた、理想のダイエットを実現します。
「ToDo」要素を組み入れたダイエットは一般的ですが、本機能の特長は、多様化する個人のダイエットスタイルに対して、適した実践タスクを高い精度で提供できる点にあります。さらに、蓄積データからダイエットの結果と傾向を把握できるため、より現在の自分に最適化されたプログラムを作ることができる、“進化するダイエット機能”です。「らくらくダイエット」は、サービス開始より多方面からダイエット機能を強化してきた『Karada Manager』の集大成とも言えるべき要素となります。

「らくらくダイエットモード」
体重記録と、「やることリスト」にあるタスクの実践結果を記録していくだけのお手軽ダイエットモードです。すでに提供している「本格ダイエットモード」に比べて、初心者や三日坊主になりがちな方でも取り組みやすい、カジュアルな実践内容がポイントです。なお、本モードはプレミアム会員、auスマートパス会員向けの提供サービスとなります。

■「やることリスト」でお好みのダイエットを選択
自分に合ったダイエットを実現する「やることリスト」には、リストごとに「即効性」、「美肌」、「筋力」、「代謝」、「美ボディ」の5ジャンルの期待できる効果を表示。その効果を見ながら自分に合ったリストを選択できます。

■多彩な実践内容を提供する「タスク」
「湯船に5分!」、「2回に1回は階段」など、日常の生活改善を目的とした内容から、「ドローイン」などの流行のダイエットまで多彩なバリエーションを用意。実施期間や難易度によってお好みのダイエットタスクを実践できます。

■「タスク」は自由にカスタマイズ可能!
タスクは、ユーザー自身が新たに作成・登録できます。「食事」、「運動」、「休養」カテゴリーから任意の内容に変更できるため、自分だけの「やることリスト」を作れます。テレビや本などから興味のあるダイエット法をタスクにしたり、既存のタスクをアレンジしたりと、自由度の高いカスタマイズが可能になります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング