パルコ クラウドファンディング・サービス「BOOSTER」をスタート

PR TIMES / 2014年12月18日 16時24分

夢をシェアして現実に。

株式会社パルコ(東京都渋谷区 代表執行役社長 牧山浩三 以下パルコ) が、ショッピングセンター事業者
としては日本初となる、クラウドファンディング・サービス「BOOSTER(ブースター)」をスタートさせる。





「BOOSETR」は、クリエイティブ・コンテンツ領域全般におけるプロジェクトの実現をサポートし、生活者個人のみな
さまと一緒にイノベ―ティヴな挑戦を世の中に送り出すしくみ。
「インキュベート(=新しい才能の発見と応援)」を掲げてきたパルコは、「BOOSTER」を通じて、想いや才能を持った個人がチャレンジしつづける社会が実現し、イノベーションが次々に湧き起こる世の中を多くの人々と一緒に創りたいと考え、このクラウドファンディング・サービスをスタートさせる。

このサービスは、プロジェクトオーナーとサポーター双方のリスクを最小化する「オール or ナッシング」の方式を採用。プロジェクトオーナーは、目標金額が集まった後にモノやサービスを創るため、リスクを背負わずに大胆な挑戦をおこなうことができ、目標金額が集まらなかった場合は「プロジェクト不成立」として全額返金するため、サポーターの方々がリスクを背負うことは無いしくみ。 そのため、「インキュベート」 や 「アヴァンギャルド」 を志向するパルコとして、プロジェクトオーナー、サポーター双方に“楽しさ“ “おもしろさ” を提供することができる。

○プロジェクトオーナー(実行者)
受注生産、受注販売に近いスタイルで、在庫リスクを極小化できる
金銭リスク無く、テストマーケティングが可能
本当に自身が創りたいモノやサービスを提供できる

○サポーター(利用者)
通常、出会えないような、個性的でアヴァンギャルドなモノやサービスに出会える
次世代を切り拓く才能の、新しい挑戦やプロジェクトに「参加」する満足感を得られる。

<BOOSTER の特徴>
「パルコならでは」 の特徴を活かしてプロジェクトの実現をサポート

1. クリエイティヴのプロによるサポート
「次世代才能のインキュベーション」を DNA として体現しつづけているパルコが、社内外のあらゆるネットワークを
活用して、プロジェクトの成功をサポート。パルコ社員や外部パートナーが、 プランの練り上げ、達成のためのノウハウ、人脈や情報、リアルな場のコーディネイトなど、多岐にわたり協力。

2. 宣伝やメディア PR
プロジェクトの宣伝や PR を最大限サポート。また、パルコにとどまらず、多くの外部パートナーやサポーター個人の方々とも連携し、世の中に新しい、刺激的なプロジェクトを一緒に広める。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング