15卒学生モニター調査/就活生のES平均提出社数は11.8社、志望度「高」企業の平均作成時間は、4.8時間。

PR TIMES / 2014年3月20日 19時42分

~2015年度日経就職ナビ学生モニター調査結果(2014年3月発行)より~

株式会社ディスコ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:夏井丈俊)は、2015年3月卒業予定の全国の大学3年生(理系は大学院修士課程1年生含む)を対象に、3月1日現在の就職活動状況に関する学生調査を行いました(調査時期:2014年3月1日~5日、回答数:1,428人)。



1.就職活動の中心としている企業規模は「大手ねらい」が4割強
就職活動の中心としている企業規模を聞いたところ、「業界トップの企業」19.0%、「大手企業」24.8%で、いわゆる「大手ねらい」の学生の合計は43.8%と、前年調査(44.7%)とほぼ同率の結果でした。(図表1参照)

2.エントリー社数、セミナー参加社数はともに昨年より微減
企業への平均エントリー社数は73.5社で前年同期(74.2社)より微減しました。またセミナー・説明会への平均参加社数は44.7社で、エントリーと同様に、前年同期(45.4社)より微減しました。(図表2参照)

3.ES提出は11.8社。作成時間の平均は、志望度が高い企業4.8時間、低い企業1.7時間
一人あたりのエントリーシート(ES)平均提出社数は11.8社で、先月調査から6.0社増えました。また、1社のESを仕上げるのに、どのくらいの時間を掛けているのか、志望度の高い企業の場合と低い企業の場合とに分けて、回答してもらったところ、志望度が「高い」企業の平均が4.8時間で、一方「低い」企業の平均は1.7時間で、志望度によって時間の掛け方を使い分けていました。(図表3参照)

4.地方就活生の利用が進む、オンラインセミナー(WEBセミナー)
オンラインセミナー(WEBセミナー)を「視聴したことがある」という回答者は68.1%と7割に迫ります。視聴理由をまとめてみたところ、最も多いのは「会場に行く必要がなく交通費がかからない」で66.9%でした。地域差が最も顕著だったのは「遠隔地でも視聴できる」で、最も高い「中国・四国」75.9%と、最も低い「関東」24.2%とで約3倍の差が見られました。(図表4参照)


《調査概要》
調査対象 : 2015年3月卒業予定の全国の大学生3年生(理系は大学院修士課程1年生含む)
回答数 : 1,428人
調査方法 : インターネット調査法
調査期間 : 2014年3月1日~5日
サンプリング : 日経就職ナビ2015就職活動モニター
調査機関 : 株式会社ディスコ キャリアリサーチ

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング