エアークローゼットがファッションによる環境悪化の改善を目指し、一般賛同型の活動「クリックで森を救おうキャンペーン」を3/23(月)からスタート!

PR TIMES / 2020年3月23日 14時5分

誰でも1クリックですぐに参加可能!自然電力(株)と「気候変動」を抑える取り組みを始動

株式会社エアークローゼット(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:天沼 聰)は、SDGs(持続可能な開発目標)推進の一環としてファッション産業が引き起こす環境問題の改善を目指し、自然電力株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役:磯野謙、川戸健司、長谷川雅也)と共同で、2020年3月23日(月)から4月13日(月)までの期間、気候変動を抑えるための活動「クリックで森を救おうキャンペーン」を実施します。どなたでもキャンペーンページ上での1クリック(参加費無料)、または『自然電力のでんき』への切り替えで本活動に参加でき、活動へご賛同いただいた参加者数に応じて森林整備を行います。



[画像1: https://prtimes.jp/i/11623/132/resize/d11623-132-344848-0.jpg ]


地球温暖化がこのまま進行すると2100年の夏には全国各地で40℃を超えてしまい、気候変動はさらに悪化すると考えられています。(※1)大量生産・消費・廃棄が進むファッション産業が排出するCO2の量は石油産業に次いで多く、地球温暖化の原因のひとつとされているCO2の増加に深く関係しています。当社は未来の環境を守るため、CO2の排出量が少ない自然エネルギー由来の電気を提供している自然電力株式会社と共に本活動を実施します。


「クリックで森を救おうキャンペーン」ページ: https://www.air-closet.com/campaign/2020/aircloset-sustainable-actions/



■ファッションが与える環境負荷によって起こる「気候変動」を抑えるための活動

お洋服が環境へ与える影響は大きく、国内衣服廃棄量は年間約33億着にのぼり、そのうちの約8割は焼却や埋め立て処分されているのが現状です。(※2) 基幹事業の月額制ファッションレンタルサービス『airCloset(エアークローゼット)』のシェアリングは、サスティナブルな取り組みのベースであり、お洋服一着一着の着られる機会を増やし無駄に捨てられることを防ぐ「循環型の持続可能な仕組み」であると考えています。

当社はこれまでに“着なくなったお洋服を最後まで活かす”アパレル廃棄問題解決プロジェクト『shareCloset(シェアクローゼット)』(※3)や、お客様の手放すお洋服を回収する『ブランディア』とのコラボキャンペーンなどを行ってきました。今回はファッションが環境へ与える負荷によって引き起こされる気候変動を抑えるため、賛同していただいたみなさまと一緒にサスティナブルな環境づくりを行う活動を実施します。

※1:気象庁気象研究所発表(2016)
※2:中小企業基盤整備機構「繊維製品3R関連調査事業」報告書(平成21年度)
※3:『shareCloset』特設ページ: https://corp.air-closet.com/share-closet/


■すぐに始められる!2つのサスティナブルな環境づくり

本活動では、2つの方法で環境づくりに参加することができ、期間中の参加数に応じて、当社から森林保全団体『more trees』への寄付を実施します。
[画像2: https://prtimes.jp/i/11623/132/resize/d11623-132-749159-1.png ]



Click1:1クリックで森を助ける
キャンペーンページ上での1クリックで参加が可能です。参加人数に応じて最大4129平方メートル (よいふく)の国内の森林整備に相当する費用の寄付を行います。(参加費無料)

Click2:自然エネルギー由来の電気への切り替えで森を助ける
太陽光、風力などの自然のパワーを利用して発電する自然エネルギーは、CO2排出量が少なく、枯渇する恐れのない自然界に常に存在するエネルギーです。『自然電力のでんき』は、100%自然エネルギー由来(※4)であり、さらに電気代の1%(※5)が自然エネルギーを増やすために使われています。電力を切り替えるという暮らしの中のちょっとした工夫で未来をより永く、明るくすることにつながります。本活動を通して、『自然電力のでんき』へ切り替えを行なっていただくと、一人につき約50平方メートル の国内の森林整備に相当する費用の寄付を行います。(切り替え費無料)


[画像3: https://prtimes.jp/i/11623/132/resize/d11623-132-551047-5.jpg ]

一般社団法人more trees(モア・トゥリーズ)は音楽家・坂本龍一氏が代表を務める森林保全団体です。地域と協働で森林保全を行う「more treesの森」の展開、国産材を活用した商品の企画・開発、イベントを通じた森の情報や魅力の発信など、「都市と森をつなぐ」をキーワードにさまざまな取り組みを行っています。
URL: https://www.more-trees.org/

※4:SE100プランの場合
※5:従量電灯。実効税率分、再生可能エネルギー賦課金、諸経費を除く


■エアークローゼットのSDGs達成に向けた取り組み

今回の取り組みはSDGs17のうち、No.7「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」、No.13「気候変動に具体的な対策を」、No.15「陸の豊かさも守ろう」の実現に貢献できると考えています。当社は、今後も17の目標すべてに対して様々なプロジェクトを実施してまいります。
[画像4: https://prtimes.jp/i/11623/132/resize/d11623-132-786563-6.png ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/11623/132/resize/d11623-132-692731-7.png ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/11623/132/resize/d11623-132-958908-8.png ]




『エアークローゼットのSDGs推進』特設ページ: https://corp.air-closet.com/sdgs/        当社が取り組むSDGs推進のその他取り組みについてご覧いただけます。


自然電力株式会社とは

[画像7: https://prtimes.jp/i/11623/132/resize/d11623-132-116355-9.png ]

2011年6月設立。「青い地球を未来につなぐ」を掲げ、日本全国でグループとして約1ギガワット(2019年12月末時点)の自然エネルギー発電事業に携わっている。太陽光・風力・小水力等の自然エネルギー発電所の設置・運営に必要な、開発・EPC(設計・調達・建設)・O&M(運営・保守)・アセットマネジメント・電力小売事業等、すべてのサービスを手掛けている。2018年よりブラジル・インドネシアにて太陽光発電所を着工し、アジア・南米域を起点に世界各国でプロジェクトを進めている。

<会社概要>
本社:福岡県福岡市中央区荒戸1-1-6 福岡大濠ビル3F/6F
代表取締役:磯野謙、川戸健司、長谷川雅也
URL: http://www.shizenenergy.net


株式会社エアークローゼットとは

[画像8: https://prtimes.jp/i/11623/132/resize/d11623-132-479147-10.jpg ]

日本初・国内最大級、女性向けの月額制ファッションレンタル『airCloset(エアークローゼット)』をメインとするプロのスタイリストによるパーソナルスタイリングサービスの運営会社です。その他、実店舗の『airCloset×ABLE(エアークローゼットエイブル)』、新しい購買体験をしていただける『pickss(ピックス)』で、全国の女性のライフスタイルに寄り添うファッションとの新しい出会いをお届けし続けています。

<エアークローゼットのパーソナルスタイリングサービス>
ファッションレンタルサービス『airCloset』: https://www.air-closet.com/
ファッションレンタルショップ『airCloset×ABLE』: http://aircloset.able.co.jp/
パーソナルショッピングアプリ『pickss』: https://www.pickss.jp/

<会社概要>
社名 : 株式会社エアークローゼット (airCloset, Inc.)
設立 : 2014年7月15日
代表者 : 代表取締役社長 兼 CEO 天沼 聰
役員 : 取締役副社長 兼 COO 前川 祐介/取締役 小谷 翔一/社外取締役 榊原 健太郎
      /社外取締役 月森 正憲
所在地 : 〒107-0062 東京都港区南青山3-1-31 NBF南青山ビル5F
URL : https://corp.air-closet.com

<本件に関するお問い合わせについて>
株式会社エアークローゼット 広報担当:高原・鈴木
TEL:03-6452-8654 MAIL:pr@air-closet.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング