Grazia×ISETAN KIDS レインファッションフェア開催!

PR TIMES / 2012年5月22日 14時19分



アラフォーのワーキングマザーに向けた雑誌「Grazia」6月号(5/7発売)では、『雨を楽しむレインウェア&シューズ』を特集。おしゃれなレインブーツやラバー素材のシューズ、ポケッタブルなレインコートなど、雨の日を楽しく過ごすためのヒントが満載です。また、5/23(水)~6/5(火)まで、Grazia×ISETAN KIDSの期間限定ショップを開催。子供のレインウェア&グッズを販売します。内田恭子さん、長谷川京子さん、SHIHOさんらのおすすめ商品も販売され、本誌掲載商品だけでなく、多数のレイングッズが展開されています。

このイベントに伴って講談社 JOSEISHI.NETでは、梅雨の季節を前に、働く女性約500人に「雨の日」についてのアンケートを実施。雨の日について、「きらい」と答えたのは全体の64%で1位、2位が「ふつう」(31%)、3位が「好き」で、5%しかいないことがわかりました。また、「自分を雨女だと思う」と答えた人は14%。94%の人が天気予報を見ていて、「降水確率が何%だと傘を持っていくか?」は、1位「50%」、2位「30%」、3位「40%」という結果に。やはり「雨の日はきらい」という人が多いことが明らかになりましたが、一方「雨の日の素敵な思い出、つらい思い出」についてフリーアンサーで募集したところ、半分以上の人々は「素敵な思い出」について綴ってくれていました。

・「雨の日に初めて夫に出会い、そのときにスマートにドアを開けてくれたり、傘をたたむのを手伝ってくれたしぐさにキュンとしたのを思い出すことがあります」(33歳・正社員)
・子どもと一緒に歩いていると「雨の日はママと一緒の傘に入れて嬉しいな☆」と言ってくれた。(32歳・正社員) 
・「雨の日に駅まで傘を持って父を迎えにいって、話をしながら帰った思い出が懐かしい」(37歳・正社員)
もちろん「3歳の娘(12kg)をだっこし、ベビーカーを押しながらやっとの思いで家に着いた」といった辛い体験も寄せられましたが、「雨の日用に、レインコート、レインブーツなど用意しているのでそのときのファッションを楽しみます」(34歳・フリー)「雨上がりは土や草の匂いが強くなるので、散歩が楽しみになります」(42歳・派遣社員)といった声も。「雨が好き」はたったの5%でしたが、500人のうち半数以上が「雨は素敵な思い出」のようです。

梅雨シーズン目前、ぜひ伊勢丹新宿店に足を運んでみてください。


【Grazia×ISETAN KIDS レインファッションフェア】
日時:5月23日(水)~6月5日(火)
伊勢丹新宿店本館6F=ザ・ステージ♯6
〒160-0022 新宿区新宿3-14-1
TEL 03-3352-1111(代表)


■商品情報■ 「Grazia」(グラツィア)
発売日:毎月7日発売
体裁:A4変型版
定価:780円(税込)
発売:(株)講談社
Grazia公式サイト:http://grazia.woman.excite.co.jp/



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング