第五回ホテルオークラグループ フランス料理コンクール結果報告

PR TIMES / 2013年2月20日 13時13分

調理とサービスのスタッフが「タンデム方式」で腕を競う。今年の食材テーマは、「メイン:ABATS(アバ)、デザート:マンダリンオレンジ」

株式会社ホテルオークラ(本社:東京都港区、代表取締役社長:荻田敏宏)は、2013年2月14日(木)、ホテルオークラ東京において、グループホテルやレストランの調理スタッフがフランス料理の技を競う『第五回 ホテルオークラグループ フランス料理コンクール』を開催いたしました。



その結果、優勝者はホテルオークラ東京の森山 健太郎/一坪(いちつぼ)佳英菜に決定、準優勝には、ホテルオークラ福岡の毛利 俊之/久保田 徹、3位にはホテルオークラ神戸の増田 弘明/柴田 健次が入賞いたしました。また、調理部門、サービス部門の各1位を優秀賞とし、調理部門の優秀賞にホテルオークラ東京の森山 健太郎、サービス部門の優秀賞にはホテルオークラ東京の一坪 佳英菜が総合優勝と合わせて、それぞれ受賞いたしました。

調理部門の優勝者には、副賞としてホテルオークラアムステルダムのフランス料理レストラン「シエルブルー」(ミシュラン2つ星)ほか、海外研修の機会が与えられます。総合優勝・調理部門優秀賞の森山 健太郎は「大変、感動しています。今回のコンクールに向けて協力いただいた、諸先輩方、スタッフ、関係者の皆様に感謝します。これからも一層の努力をして参ります。」、同じく総合優勝・サービス部門優秀賞の一坪 佳英菜は「森山シェフの料理に対する熱い思いを、サービスでお伝えできたことが嬉しいです。これからも、サービス技術の向上のために頑張っていきたい」と、それぞれ喜びと今後の抱負を語りました。

本コンクールは、ホテルオークラグループ人財力の育成の一環として、調理技術の向上、トップレベルのコンクールに通用する人財輩出に向けた教育機会の提供、さらに「ベストA.C.S.」(A:Accommodation、C:Cuisine、S:Service=最高の施設、最高の料理、最高のサービス)の重要な要素のひとつである「最高の料理」を追求するホテルオークラの企業理念をグループ内外に伝えることを目的としています。

また、国内での料理コンクールにおける初の試みとして、審査方法に調理・サービス両スタッフの技能を審査する「タンデム方式」を昨年より採用し、「ベストA.C.S.」の「最高のサービス」も審査対象となっています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング