ディーバ、緊急事態宣言全面解除後も在宅勤務を継続。従業員等の安全確保とお客様への貢献を両立する新しい働き方の確立を目指す

PR TIMES / 2020年5月27日 18時0分

アバントグループで、連結会計、グループ・ガバナンスのソリューションを提供する株式会社ディーバ(本社:東京都港区、社長:森川 徹治、以下ディーバ)は、2020年5月25日の緊急事態宣言全面解除後も、2020年6月末まで在宅勤務を原則とし、全従業員および協力会社社員の安全とお客様への貢献を両立する、新しい働き方の確立を目指します。



現在実施している施策(抜粋)
・2020年6月末まで在宅勤務を原則とする
・IPソフトフォンを利用した在宅型決算サポートを継続
・クラウド環境活用により、コンサルティングサービスをオンラインで提供
・製品操作トレーニングをオンラインで提供
・オンラインセミナーおよびオンライン商談を活用
・受発注・請求・契約業務の電子化を推進
・在宅環境整備のため全社員へ一時金(6万円)と、支援手当(5千円/月)を支給
・社内コミュニケーション支援制度の対象にオンライン懇親会を追加

【参考】
2020年4月8日
「ディーバ、在宅勤務率が95%を超え、3月決算企業への決算業務サポートのテレワーク対応を継続」
https://www.diva.co.jp/news/pressrelease/20200408/

2020年4月1日
「完全出勤不可となる状況においても決算業務サポートを含むお客様貢献を継続するべく、追加対策を実施」
https://www.diva.co.jp/news/pressrelease/20200401/

2020年2月18日
「新型コロナウイルスの感染拡大防止対策として、在宅勤務・時差出勤等を実施」
https://www.diva.co.jp/news/pressrelease/20200218/

関係者の皆様へは、何卒ご理解を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

<お問い合わせ先>
株式会社ディーバ 広報担当 PR@diva.co.jp

【株式会社ディーバに関して】
ディーバは1997年に、連結会計ソフトウェア分野における専門ベンダーとして設立しました。本社とグループ会社を連動させた連結視点での経営管理基盤をパッケージとして提供し、幅広いパートナー企業とともにコンサルティングサービスを提供しています。
経営効率を高める連結会計ソフトウェアには、より信頼性のある製品、および高品質なサービスが求められており、格段に高度化・複雑化したお客様の要件を実現できる経営情報基盤として、国内外を問わず1,000を超える企業群に選択されています。
今後も、経営情報の透明性を高め、経営品質の向上をサポートし続けます。
なお、2013年10月に株式会社ディーバから株式会社アバントに商号変更し、持株会社制へ移行。新たに株式会社ディーバを設立し、ソフトウェア事業を承継しました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/16467/133/resize/d16467-133-508928-0.jpg ]

社 名 :株式会社ディーバ
設 立 :2013年10月1日
代表者 :代表取締役社長 森川 徹治
URL : https://www.diva.co.jp/
主要業務 :ビジネスソリューションパッケージの開発・ライセンス販売・コンサルティングサービス・サポートサービス など
本社所在地:東京都港区港南2丁目15番2号 品川インターシティB棟13階

【アバントグループに関して】
株式会社アバント(本社:東京都港区、代表取締役社長:森川 徹治、証券コード:3836)を持株会社として展開するアバントグループは、「経営情報の大衆化」をミッションに掲げ、主にCFOやCIO組織を対象として、連結会計関連事業、ビジネス・インテリジェンス事業およびCFO業務のアウトソーシング事業を展開し、経営情報を意志決定に役立つ「未来の地図に変えていく」ことを通じてお客様の価値創造に貢献しています。1997年5月に株式会社ディーバとして創業し、2007年2月の株式公開を経て、2013年10月に持株会社へ移行した際に、株式会社アバントに商号を変更。東証一部には2018年3月に上場しています。主要なグループ事業子会社(いずれも100%所有)は以下の通りです。
[画像2: https://prtimes.jp/i/16467/133/resize/d16467-133-973625-1.jpg ]

○株式会社ディーバ
○株式会社ジール
○株式会社インターネットディスクロージャー
○株式会社フィエルテ

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング