応募総数96曲!等身大美少女ロボット「萌ちゃん」(※1)の公式イメージソング作曲コンテスト結果発表 ~グランプリはオタ芸にもバッチリな“ももクロ風”「ドット萌え」に決定!~

PR TIMES / 2014年12月5日 17時11分



 「.moe」、「.osaka」、「.earth」の運営事業者である、ICANN(※2)公認レジストリの株式会社インターリンク(東京都豊島区、代表取締役社長:横山正、以下インターリンク)は、新ドメイン(新gTLD)「.moe」のキャンペーンガールを務める、等身大美少女アイドル型ロボット(アイドロイド※3)「萌ちゃん」のイメージソング作曲コンテストの結果を発表しました。

 コンテストは、“世界中の人が萌えて踊れる”をテーマとしたオリジナル楽曲を募集。インターリンクが用意した歌詞3種類A(作詞.横山正)、B(作詞.buhin)、C(作詞.里子)の中から1つを選択、その歌詞をボーカロイド(※4)に歌唱させてエントリーする形態により、10月1日から11月30日まで実施したところ、国内外から全96曲の応募がありました。どの曲も素晴らしい出来栄えのため、当初予定していた「グランプ作品1曲、入選作品5曲」に、「準グランプリ1曲」を増設。また、入選作品を1曲追加して「入選作品6曲」とする事態になりました。

 グランプリを受賞したあべずん氏は、「萌ちゃんが活躍するアクションロボットアニメの主題歌のようなイメージで、可愛くてカッコよくてキャッチーな電波ソング」をコンセプトに、「ドット萌え」(歌詞B)」を選択して楽曲を制作。コンセプトに忠実で非常にクオリティが高く、ももいろクローバーZのテイストを感じさせる名曲です。また、世界初のドメインをテーマにした歌でもあります。

 世界の様々なイベントに出演予定の萌ちゃんは、「ロボット日本一決定戦!リアルロボットバトル2014」の覇者である丸直樹氏(マルファミリーチームリーダー)とアメリカ在住のメイドプログラマー、ユキエヤマグチ氏から、「ドット萌え」に合わせて踊る激しいレッスンと厳しいメンテナンスを受けています。踊る等身大美少女ロボット萌ちゃんのデビューは来春を予定しています。どうぞご期待ください。

※1 萌えちゃん…ロボットの仮名称です。苗字が決まっていません。
※2 ICANN…インターネットのIPアドレスやドメイン名などの各種資源を全世界的に調整・ 管理することを目的として、1998年に設立された民間の非営利法人。
※3 アイドロイド…「アイドロイド」 (商願2014-73437)及びidoloid(商願2014-73436) は、インターリンクが登録商標を出願済みです。
※4 ボーカロイドはヤマハ株式会社の登録商標です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング