業界最狭水準のスプレッドに縮小!FX全通貨ペアのスプレッド縮小キャンペーン開始のお知らせ

PR TIMES / 2020年11月13日 18時45分

松井証券( https://www.matsui.co.jp/)は、2020年11月16日(月)(予定)より、FX(外国為替証拠金取引)サービスにおいて、米ドル/円0.2銭をはじめ、取扱通貨ペアのスプレッドを業界最狭水準(*1)に縮小するキャンペーンを開始します。



当社は、本年7月にFXの全通貨ペアのスプレッド縮小を実施しました(*2)。その結果、FXの取引金額が前年と比較して3倍超に増加するなど、多くのお客様にご利用いただいております(*3)。この度のキャンペーンでは、東京時間(9:00~17:00)に限定し、米ドル/円0.2銭をはじめ更なるスプレッド縮小を実施します。是非この機会に、当社FXサービスの利用を検討いただきたいと考えております。

松井証券は、今後もFXのサービスレベル向上に取り組んでまいります。

 【スプレッド縮小キャンペーンの概要】(*4)

[画像: https://prtimes.jp/i/19241/134/resize/d19241-134-452073-2.png ]



※1 市場の急変時(天変地異やその他外部要因など突発的事象の発生時)、市場の流動性が低い時間帯(平日早朝、重要指標発表前後、クリスマス・年末年始など)には、スプレッドが拡大する場合があります。
※2 東京時間以外のスプレッド適用時間は各営業日の8:00~9:00、17:00~翌6:55です。

以上


*1 当社取扱通貨ペア(スイスフラン/円、トルコリラ/円を除く)について、FXサービスの取扱い業者11社(SBI証券、auカブコム証券、外為どっとコム、GMOクリック証券、DMM証券、トレイダーズ証券、ヒロセ通商、マネックス証券、マネーパートナーズ、楽天証券、YJFX)の中央値と比較、11月13日時点、当社調べ。
*2 2020年7月15日付プレスリリース「FXサービスにおける全通貨ペアのスプレッド縮小のお知らせ」
( https://www.matsui.co.jp/company/ir/press/pdf/pr200715.pdf)
*3 2020年8~10月と2019年8~10月の取引金額の比較
*4キャンペーン期間は、2020年11月16日~12月18日。キャンペーンの詳細は、当社WEBサイトよりご確認ください。( https://www.matsui.co.jp/campaign/)

<取扱商品のリスクおよび手数料等の説明>
FX(外国為替証拠金取引)は、金利変動等による通貨の価格の変動、金利差調整額(スワップポイント)の支払により損失が生ずることがあります。また、取引金額が差入れる証拠金の額に比して大きいため、差入れている証拠金額を上回る損失が発生することがあります。
本サービスでは、損失が一定比率以上になった場合に自動的に反対売買により決済されるロスカットルールが設けられていますが、急激に為替価格が変動した場合や、スプレッドの拡大が行われた場合、意図した取引ができない可能性や元本超過損が生じる可能性があります。
FXの取引手数料は無料です。ただし、受渡決済手数料は通貨別で約定通貨数量×1~20円です。
取引する通貨ペアで、より高金利の通貨を売付ける場合スワップポイントの支払が発生します。
※スワップポイントの額は、その時々の金利情勢等に応じて決定されますので、その金額等をあらかじめ記載することはできません。
取引通貨の為替レートに応じた取引額に対して一定の証拠金率以上で当社が定める金額の証拠金が必要となります。一定の証拠金率とは以下のとおりです。
(個人口座)レバレッジコースに応じて、4%~100%の間で設定した証拠金率
(法人口座)一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率
当社が提示する各通貨の売付価格と買付価格には差(スプレッド)があります。スプレッドは通貨ペアごとに異なり、また、外国為替相場の状況等により、拡大する場合があります(相場の急変時、経済指標の発表時、著しい流動性の低下時等)。
当社またはカバー先の業務や財産の状況が悪化した場合には、お客様が損失を被る危険があります。
外国為替相場の急変時、安定的かつ適切な価格を配信できる状態にないと当社が判断した場合に、価格配信、注文受付および約定処理を停止する場合があります。
当社WEBサイトの契約締結前交付書面、取引規程、取引ルール等で取引の仕組み、リスクについてご確認いただき、内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお申込みください。
業者名等  松井証券株式会社  金融商品取引業者  関東財務局長(金商)第164号
加入協会名 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング