ロシアの国外旅行ブームに備える世界のホテル経営者

PR TIMES / 2013年11月26日 16時49分

世界のホテル経営者を対象にしたHotels.comの調査で、ロシアが世界で5番目の 旅行市場であることが再確認された

中間層の成長と増大する消費力に支えられて、ロシアは空前の旅行ブームになりつつあることが26日発表されたHotels.comの「ロシア人国外旅行動向」(RITM)で明らかになった。世界のホテル経営者のほぼ半数(49%)が昨年、ロシアからの宿泊客が増加し、うち54%は宿泊予約が10%ないしそれ以上増加したと見ている。

ロシアは現在、支出額ベースにおいて世界で2番目に成長が速い旅行市場になっている。2012年は32%成長し、2005年と比べると2倍以上増加している。RITMは昨年、ロシア人観光客が旅行先で430億ドルを支出し,世界で5番目の国外旅行市場になったことに(注1)言及し、ホテル経営者が急速に拡大するロシアからの旅行者に対応しているかについても報告している。

2006年に770万人であったロシアからの観光客は2012年に3,570万人に増加(注2)。ロシアは多くの国際的観光地で成長市場としてトップの位置に上っており、2017年までに年平均7.5%の成長を続けると予測されている。しかしながら、ロシアの人口は1億4000万人以上あり、国外旅行市場としてまだ手をつけられていない部分も多く、休日の取り方の違いや、新しい観光地開発の余地もあるため、世界の観光に変化を与える可能性のある有望な市場である。

Hotels.comブランドのヨハン・スヴァンストローム社長は「彗星のように急成長を見せるロシアの国外旅行市場は、世界中のホテル経営者に大歓迎されている。ロシア人は世界のどこでもホテル滞在に最高額の支出をためらわない客層が多い。ロシア中間層旅行客の拡大と消費力が成長の背景にある鍵となっている。」と語っている。
中間層は1億400万人を数え、この層は2020年までにロシアの総人口の86%を占めると予測され、その消費力を総合すると1兆3000億ドルに達すると考えられている(注3)。

調査対象のホテル経営者の43%も、ロシア人は旅行により多額の費用を消費するとこの事実を裏付けている。さらに外国語能力の改善によって、より自信を持つことができ、他人に頼る必要がなくなってきているといわれており、半数以上(53%)が自分でホテルのオンライン予約を行い、従来通りトラベルエージェンシーを利用するのは32%程度となっている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング