全国から夢の舞台・京都にランナーが集結!第31回 視覚障害者京都マラソン大会開催!!

PR TIMES / 2014年2月26日 10時17分

~ロンドンパラリンピック銅の和田伸也選手・アテネパラリンピック4位の福原良英選手を招待!~

株式会社わかさ生活は、目の健康を考えサポートする企業として「夢に向かって頑張っている方を応援したい」という想いから、本年も2014年3月2日(日)に開催される『第31回 視覚障害者京都マラソン大会』に特別協賛いたします。



株式会社わかさ生活(本社:京都市下京区、代表取締役:角谷建耀知)は、目の健康を考えサポートする企業として、「一人でも多くの方のお役に立ちたい」「夢に向かって頑張っている方を応援したい」という想いから、視覚にハンディキャップをお持ちの方にも夢と希望を持つお手伝いが何かできないかと考え、本年も2014年3月2日(日)に開催される『第31回 視覚障害者京都マラソン大会』に特別協賛いたします。

視覚障がい者にとって、運動を行なうことは決して容易なことではありません。
大会が発足する以前、視覚障がい者のマラソン大会を行なうことなど困難であるという声もあがった中、不可能を可能にしたのが、「絆(きずな)」と呼ばれる1本のたすきでした。
ランナーと伴走者が“絆”をともに掴んで走ることで、お互いの心を繋ぐ絆にもなります。
視覚障害者京都マラソン大会は、「一度でいいから公道を思い切り走りたい」という視覚障がい者の方の願いを叶えたいという想いからスタートした大会で、今年で31回目の開催を迎えます。

わかさ生活としても、2004年度第21回大会から毎年特別協賛をさせていただいており、今年で11年目。

さらに今年は、6年連続でこの大会の10キロの部 優勝者、ロンドンパラリンピックで銅メダルも獲得した和田伸也(わだ しんや)選手、そしてアテネパラリンピックで4位入賞した福原良英(ふくはら よしひで)選手を招待選手にお迎えします!
毎年、全国から視覚障がいのあるランナーとその伴走者が参加し、大会会場となる京都市でも地域に根ざした大会へと発展してきており、昨年は169組の方が出場、約1,600人の方が応援に駆けつけてくださいました。

わかさ生活は、『視覚障害者京都マラソン大会』をもっと多くの方々に知っていただき、全国からより多くのランナーの方々がご参加いただけるようにこの大会を応援していきます。

◇◆視覚障害者京都マラソン大会◆◇
・開催日時:2014年3月2日(日)雨天決行(入場無料)
・開会式:10時10分~10時20分
・競技スタート:11時05分(14時ごろまで)
・競技種目:1km・3km・10km[男女別・全盲・弱視別]
・開催会場:西京極総合運動公園陸上競技場及び周辺道路
・最寄り駅:阪急京都線「西京極」駅下車 徒歩約5分
     京都市営バス「西京極運動公園前」下車 徒歩約5分

【みんなでランナーを応援しよう!】
[◆会場で応援!]
2014年3月2日(日)、会場となる京都の西京極総合運動公園にご来場いただき、ぜひ視覚障がい者ランナーさんの力一杯走る姿を応援してください!
ゼッケンにランナーの名前が記載されていますので、名前を呼んで応援しましょう!
皆様のご来場お待ちしております!

[◆Webから応援!]
当日会場に行けない方も、応援メッセージを下記のWebサイトより掲示板から投稿いただけます。
投稿された皆様のメッセージは、当日会場にてアナウンスされますので、ぜひランナーの方々に熱いエールをお送りください!

<わかさ生活のホームページ>
■視覚障害者京都マラソン大会応援ページ
http://www.blueberryribbon.jp/marathon/
(または、「視覚障害者マラソン」で検索ください)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング