自重で切れるダマスカス包丁「我楽作 風神・雷神」Makuakeにて先行発売開始。11月29日まで応援購入を募集

PR TIMES / 2020年10月26日 17時45分

まさに工藝品と呼びたいくらいの仕上がりは、日本の伝統工芸である「金虫喰塗」技法をも想起させる迫力

日本のものづくりに特化したニューワールド株式会社(東京・港区、代表取締役・井手康博)は、"その美しさ、もはや工藝品。切れ味鮮やかなダマスカス包丁「我楽作 風神・雷神」” の先行発売をMakuakeにて開始いたしました。2020年11月29日まで応援購入を募集しています。
URL: https://www.makuake.com/project/craftstore06/



[画像1: https://prtimes.jp/api/file.php?c_id=11791&t=animationGifImage&f=agd-11791-135-1.gif&img_id=1603690223 ]

非常に強度が高くて硬いのにしなやかという特徴を併せ持つダマスカス鋼は、刃物の鋼材としてはかなり優秀な存在で、その切れ味も鮮やか。
刃物マニアであればその名を知らない人はまず居ない + 美容院のハサミにも使われている最高級素材「VG10」を芯材に使用し、鋭い切れ味をお届けします。切る際に潰れてしまいがちなトマトも、手の力を一切加えず包丁の自重だけで切れます。驚きの切れ味をぜひご家庭で体験ください。


商品概要


[画像2: https://prtimes.jp/i/11791/135/resize/d11791-135-372657-10.jpg ]


商品名:我楽作 風神/雷神
一般発売予定価格:
「雷神」ダマスカス鋼 ペティナイフ :32,000円
「雷神」ダマスカス鋼 三徳包丁:36,000円
「風神」ダマスカス鋼ペティナイフ:38,000円
「風神」ダマスカス鋼 三徳包丁 :49,000円


サイズ:
「雷神」ペティナイフ : 刃渡り134mm、全長244mm
「風神」ペティナイフ : 刃渡り116mm、全長223mm
「風神」三徳包丁 : 刃渡り180mm、全長300mm
素材:「風神」VG10 33層ダマスカス、「雷神」VG10 45層ダマスカス
産地:岐阜県関市
一般発売予定日:2021年4月
商品ページ: https://www.makuake.com/project/craftstore06/


「我楽作 風神/雷神」包丁へのこだわり



[画像3: https://prtimes.jp/i/11791/135/resize/d11791-135-904011-11.jpg ]

積層鋼とも言われるダマスカス鋼は、芯材(VG10)を中心に表裏それぞれ22層ずつ、合計45層(雷神モデル)の炭素含有数等の違う鋼を重ねて削り出すことで積層模様を生みだしたもの。まさに工藝品と呼びたいくらいの仕上がりは、日本の伝統工芸である「金虫喰塗」技法をも想起させる迫力があります。
[画像4: https://prtimes.jp/i/11791/135/resize/d11791-135-679256-2.jpg ]

普通の切り出しただけの鋼材に比べて格段に手間の掛かっている分だけ強度もあり、価格もそれなりになりますが、「我楽作」シリーズは見た目だけでなく、その分だけ切れ味や強度などは素晴らしいものが揃いました。
[画像5: https://prtimes.jp/i/11791/135/resize/d11791-135-941709-4.jpg ]

"その美しさ、もはや工藝品。切れ味鮮やかなダマスカス包丁「我楽作 風神 / 雷神」” は、2020年11月29日まで応援購入を募集中。リターンのお届けは2021年3月末を予定しております。
URL: https://www.makuake.com/project/craftstore06/

ニューワールドについて
日本のものづくりに特化したオンラインショップ「CRAFT STORE」を運営。現在81ブランド776点の商品を掲載。2019年からスタートしたオンライン陶器市「CRAFT陶器市」は、14産地に加えガラス市も開催しています。
URL: https://www.craft-store.jp/
また「日本ブランドを世界No.1にする」をビジョンに掲げ、 販売施策としての動画コンテンツの制作やプロモーションを通じ、日本のモノづくりメーカーのマーケティング活動など事業の拡大を図っています。Makuakeにて制作サポートしたプロジェクトの累計調達金額は6億円を突破いたしました。
制作実績: https://neworld-japan.com/monodukuri-partner

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング