ヴィヴィアン・ウエストウッドと新ユニフォームのデザインコラボ

PR TIMES / 2013年5月2日 16時7分

ヴァージン アトランティック航空はこの度、ヴィヴィアン・ウエストウッドとパートナーシップを結び、企業のアイコンである赤のユニフォームを一新するため、デザインコラボレーションすることを発表いたしました。



 ヴァージン アトランティック航空(日本支社長:ニック・テイラー / 日本支社:東京都渋谷区)は、この度、ヴィヴィアン・ウエストウッドとパートナーシップを結び、企業のアイコンである赤のユニフォームを一新するため、デザインコラボレーションすることを発表いたしました。

 英国を代表するブランド2社によるコラボレーションは、ヴァージン アトランティック航空の全ユニフォームのリニューアルを手がけるという、長期に渡るパートナーシップとなります。ヴィヴィアン・ウエストウッドと、リチャード・ブランソンにとって、独創的なデザインとサスティナビリティは不可欠な要素であり、このプロジェクトは、これらの理想をエキサイティングでかつ、革新的なコラボレーションとして創り上げることを目指しています。

 新しいユニフォームには、ヴィヴィアン・ウエストウッドはサビル・ロウの伝統的なテイラリング技術と、彼女の不朽の技術ともいえる1940年代にフランスのクチュールデザインに用いられたカッティング技術を参考にし、未来的な作品を創り上げたいと考えました。ヴァージン アトランティック航空のキャビンクルーらしいグラマーでスタイリッシュなイメージが、新デザインに取り入れられることになるでしょう。

 ヴァージン アトランティック航空の社長、リチャード・ブランソンは、
「ヴァージン アトランティック航空は明確なスピリットを持ち、デザインの観点からも既存の規定に挑戦し続け、他から抜きん出てきました。現在のユニフォームは導入からすでに10年以上経過し、他の航空会社にもコピーされるようになりました。このプロジェクトのために、デザイナーを選ぶ際、我々は当社の冒険心を共有し、現状に挑戦する信念を持ち、そして、本当に心に残る何かを生み出す人々と働きたいと考えていました。」と述べました。

 ヴィヴィアン・ウエストウッドは、
「私の服は、女性が持つ美しい身体のラインをとても大切に考えています。ボディコンシャスで、そしてグラマラスな砂時計のようなシルエットで、より女性らしさを与えます。人々がより個性を望ましく表現できるようなものをデザインしています。また、より環境に優しい素材を常に探究しています。今回、一緒に仕事をするヴァージン アトランティック航空はその調査を行い、エコに配慮したファブリックを探すことに尽力しています。」と述べました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング