『TIGHT LIES(タイトライズ) フェアウェイウッド』 ~2013年9月下旬より販売開始~

PR TIMES / 2013年8月19日 12時6分

厳しいライからでも、易しく高弾道で飛ばす!18年の時を経て、アダムスゴルフの伝説的 フェアウェイウッドが最新テクノロジーを搭載して復活!

テーラーメイド ゴルフ株式会社(本社:東京都江東区/代表取締役社長:山脇康一)が展開する「アダムスゴルフ」は、“厳しいライからでも扱いやすく、易しく高弾道を実現する”フェアウェイウッドをコンセプトに、18年の時を経て蘇った同ブランドの伝説的フェアウェイウッド『TIGHT LIES(タイトライズ) フェアウェイウッド』を2013年9月下旬より販売開始します。



『TIGHT LIES フェアウェイウッド』は、18年前、当時のフェアウェイウッド大型化のトレンドにより、ティショット以外では扱いづらく悩んでいたゴルファーに対し、“ラフ、バンカー、ベアグラウンドなど厳しいショットを要求される場面でも、易しく扱いやすいフェアウェイウッド”をコンセプトに開発され、世界的な大ヒットを記録しました。


昨今、“飛び系フェアウェイウッド”がトレンドとなる中で、アダムスゴルフでは“本当にフェアウェイウッドを使いこなせているのか?”をキーワードに18年の時を経て、自社の最新テクノロジーを搭載し、最大飛距離を求めるのではなく、厳しいライからでも安定した飛距離と方向性を重視する“扱いやすいフェアウェイウッド”を誕生させました。


『TIGHT LIES フェアウェイウッド』は18年前同様に、深低重心を生む「上下逆転ヘッドデザイン」と、地面との抵抗を抑えた「3面ソールデザイン」を搭載。高い打ち出しとソールの抜けの良さを実現し、ラフや難しいライからのミスショットを軽減します。さらに、今回の復活にあたり、クラウン部からソール部まで貫通した溝「カットスルー・ヴェロシティ・スロット・テクノロジー(VST)」を新たに搭載したことで、高反発・高弾道とスウィートエリアの拡大を実現。そして、シャフトを一般的なフェアウェイウッドよりも短めに設計するなど、これらのテクノロジーが融合して、多様なライからのショットで飛距離・正確性・安定性を生み出します。


アダムスゴルフは、「楽しくゴルフをしたい」と考えるゴルファーを中心に、“厳しいライからでも扱いやすく、易しく高弾道を実現する”『TIGHT LIES フェアウェイウッド』を投入することで、すべてのゴルファーへ易しさを提供します。


『TIGHT LIES フェアウェイウッド』搭載テクノロジー

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング