【プレスリリース】西アフリカ・ギニア共和国 はしか感染が激増、さらに拡大か

PR TIMES / 2014年1月24日 17時51分

子ども160万人に予防接種キャンペーン

※本信は、ユニセフ本部からの情報を日本ユニセフ協会 広報室が翻訳・編集したものです
※原文はhttp://www.unicef.org/infobycountry/media_71798.html でご覧いただけます


【2014年1月21日 ギニア共和国・コナクリ発】


ギニア共和国の首都コナクリを中心にはしか感染例の報告が激増しています。ユニセフは
パートナーとともに、これ以上の蔓延を食い止めるため、ギニアの子ども160万人以上を
対象に、はしか予防接種キャンペーンを開始しました。

昨年11月以来確認されたはしかの感染例は37件、その感染者すべてが10歳未満の子どもです。
ここ数週間に報告されたはしかの感染者数は急増しており、うち子ども1人が亡くなりました。
この事態を受けたギニア共和国の保健公衆衛生省は、首都コナクリ市内のマタム(Matam)、
マトト(Matoto)、ラトマ(Ratoma)地区におけるはしか蔓延を宣言しました。ボケ(Boke)、
コワイヤ(Coyah), ドゥブレカ(Dubreka), キシドゥグ(Kissidougou)、マンディアナ(Mandiana)
といったコナクリ市外の他地域でも、はしか感染例が報告されています。

「私たちは、はしかの集団感染の拡大を強く懸念しています。はしかは感染力が強く、
栄養不良状態の幼い子どもが感染すると命を奪われかねない、非常に危険な感染症です。
コナクリのような人口密度が高い都市では、感染は急速に拡大します」とユニセフ・ギニア
事務所のモハメド・アヨヤ代表は言います。

感染拡大を食い止めるため、ギニア政府とユニセフ、WHO、MSF(国境なき医師団)は協力体制を
構築。ユニセフは、支援の第一弾として、ワクチンやワクチン保管のための冷蔵庫、注射針、
その他医療物資の提供とともに物流面でギニア政府をサポートし、コナクリの Kaloumや
Dixinn 近郊、コナクリ市外の感染が拡大している地域での、子どもたちへの予防接種の
実施を支援しています。MSFとWHOは、コナクリ市内ではしかの蔓延が宣言されたマタム、
マトト、ラトマ地区で予防接種の実施を支援しています。

ギニア全土での予防接種キャンペーンは、ワクチンや医療品などの物資面と資金面で継続的な
予防接種実施の目途がつき次第、早ければ数週間以内に始まります。さらに、ユニセフは
パートナーと共に、すでにはしかに感染している子どもへ治療薬をギニア政府に支援する
予定です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング