1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

所有率98.3%、どんな料理にもマルチに使用/「フライパン」ランキング 利用率第1位は「ティファール」、総合満足度第1位は「サーモス」、こびりつきにくさ評価第1位は「ドウシシャ」製品が受賞

PR TIMES / 2021年10月20日 17時45分

シルミル研究所のWebコンテンツ「ウーマンリサーチ」が実施した「フライパン」に関する調査

園児とママの情報誌「あんふぁん」「ぎゅって」を発行する株式会社こどもりびんぐ(所在地:東京都千代田区、代表取締役:中島一弘)は、「シルミル研究所」としてリサーチ事業を展開しています。「シルミル研究所」では、女性を対象にした調査「ウーマンリサーチ」を実施し、女性が選ぶおすすめの商品やサービスをランキング形式で、Webコンテンツとして発信しています。今回は2021年9月に実施した「フライパン」についての調査結果を発表いたします。
【詳細はこちら】  https://enfant.living.jp/mama/woman_research/882276/



[画像1: https://prtimes.jp/i/57067/136/resize/d57067-136-60632b11c849c6237581-0.png ]




今回のテーマは女性が選ぶ「フライパン」のランキング

2021年9月に実施した調査において、「ティファール IHルージュ・アンリミテッドシリーズ」が利用率第1位、「サーモス プラズマ超硬質コートフライパン KFCシリーズ」が総合満足度第1位、「ドウシシャ evercook αシリーズ」がこびりつきにくさ評価第1位となりました。
▼「ティファール IHルージュ・アンリミテッドシリーズ」 
https://www.t-fal.co.jp/products/pots-pans/fixed-handle/ihrouge_unlimited/
▼「サーモス プラズマ超硬質コートフライパン KFCシリーズ」 
https://www.shopthermos.jp/shop/g/g500058340DF0/
▼「ドウシシャ evercook αシリーズ」 
https://www.evercook-kitchen.com/


「フライパン」利用は9割、5つ以上持っている人も

ウーマンリサーチでは、全国のWeb会員を対象に「フライパン」についての調査を実施。回答者634人中、フライパンを「持っている」人は98.3%、うち、「よく使っている」人は93.4%という結果でした。持っている個数は「2つ」が30.5%と最も多く、「5つ以上」持っている人も15.2%いました。メインで使っているフライパンの大きさは「25cm~26cm」が31.5%で最多となりました。最も使っているフライパンの購入額は「2000円台」が17.5%と最も多く、「3000円~4000円台」が15.2%と続きました。今回は「フライパン」について、購入時に重視したポイントなどについて詳しく聞きました。


女性が選ぶフライパン、受賞製品利用者の声

「ティファール IHルージュ・アンリミテッドシリーズ」利用者
「デザインに高級感があって気に入っている。食材がくっつきにくく、お手入れがしやすい点も良い」(30代・北海道)
「サーモス プラズマ超硬質コートフライパン KFCシリーズ」利用者
「油が少量で調理ができるほどコーティング技術がすごい。見栄えも良いのでとても重宝している」(40代・神奈川県)
「ドウシシャ evercook αシリーズ」利用者
「今まで使った中で一番長持ち。こびりつきにくく、耐久性がある点がすごい」(30代・兵庫県)
[画像2: https://prtimes.jp/i/57067/136/resize/d57067-136-5fb2caec8c3b462e519f-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/57067/136/resize/d57067-136-6e9474bb5c828d0d118f-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/57067/136/resize/d57067-136-10a6ebed12e9be77339d-3.jpg ]




購入時に重視したポイントは「価格の安さ」、コロナ禍でフライパンの使用頻度増は25.7%

フライパンの購入時に最も重視したことは「価格の安さ」が18.8%と一番多く、次いで「大きさ」「くっつきにくさ・こびりつきにくさ」と続きました(グラフ1)。

[画像5: https://prtimes.jp/i/57067/136/resize/d57067-136-4500421bb2d4e542baab-4.jpg ]


また、コロナ禍でフライパンの使用頻度に変化があったかについては、「増えた」人が25.7%と、「減った」(1.3%)に比べ多い結果に。「外食が激減し、食事メニューのこだわりや品数が増えた」 (30代・東京都) 、「子どもたちにお昼ご飯で炒め物やチャーハンなどをよく作るので」(30代・愛媛県)、 「外食をしなくなり、料理をする回数が増えた。フライパンはパッと料理が作れるのでよく使う」(30代・埼玉県)など、外出自粛や在宅ワークなど、自炊の機会が増えたことで、手軽に調理できて万能なフライパンの使用が増えたようです。


煮物、揚げ物も マルチに使いこなす女性が多数

フライパンで作るオススメレシピについて聞いたところ、定番の「炒め物」「チャーハン」「オムレツ」などだけでなく、「焦げ付かないので、最近は煮込み料理も鍋ではなくフライパンでするようになった」(30代・岩手県)という声も多く、「カレー」や「揚げ物」、「そうめんやパスタをゆでる」など、炒め物以外の回答も多く寄せられました。「鍋で作る料理も、何でもフライパンで作ることが多い」(40代・愛知県)、「煮物も深めのフライパンで作れば、調理器具も少なくて済む」(40代・福岡県)など、料理のジャンルにこだわらず、マルチにフライパンを使用する女性が多いことが分かりました。


[表: https://prtimes.jp/data/corp/57067/table/136_1_6f0dc748c351ca86d9c074dec4fc8bba.jpg ]


株式会社こどもりびんぐは、小学館グループで園児とママ向け情報誌「あんふぁん」「ぎゅって」の発行、ウーマンリサーチ等女性やママ・パパ、保育士を対象とした「リサーチ事業」を展開するメディア事業者です。今後もウーマンリサーチでは、さまざまなテーマで調査を実施、報告してまいります。第1位を受賞された企業には、受賞ロゴ・調査データ活用のご提案もしております。受賞ロゴ・ナンバーワン表記は広告・店頭ツール・商談資料・ブランドサイト・SEO対策等、幅広くご活用いただけます。詳しくはお問い合わせください。

【ウーマンリサーチ 過去のランキング】
・電気圧力鍋  https://enfant.living.jp/mama/woman_research/879645/
・家庭用プリンター  https://enfant.living.jp/mama/woman_research/880213/
・鍋の素  https://enfant.living.jp/mama/woman_research/880845/

■本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社こどもりびんぐ 事業本部 メディアビジネス部 事業開発チーム
E-mail:woman.research@kodomoliving.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング