adidas とEXILE TETSUYA 氏の共同開発ダンスパフォーマンスシューズ "DP.01"誕生!

PR TIMES / 2014年6月3日 13時22分

アディダスは、EXILE TETSUYA 氏との共同製作による初のダンスパフォーマ ンスシューズ「DP.01」を発売いたします。



アディダスは、EXILE TETSUYA 氏との共同製作による初のダンスパフォーマンスシューズ「DP.01」を発売いたします。
「DP.01」は、『月刊EXILE』にてE.P.I(EXILE パフォーマンス研究所)の所長を務めるTETSUYA 氏の「理想的なダンスパフォーマンスシューズを作りたい」という提案によりプロジェクトが実現しました。

o 足とシューズの間に隙間を作らない絶妙なフィット感の実現。
o シューズ内での動きの激しい、かかとのホールド感の強化。
o つま先立ちができる強さとサポート性を備えたアッパー。
o しっかりとステップを踏むための、アウトソールのグリップ力。
o 長時間のパフォーマンスにも耐えられる優れた耐久性と快適性。

など、EXILE の活動やE.P.I の研究で培ってきたTETSUYA 氏ならではの経験や知識を基に、アディダス初となるダンスパフォーマンスシューズの開発がスタート。
アディダス ドイツ本社のスタッフにTETSUYA 氏自らプレゼンテーションするなど、約2 年間にわたる緊密な共同作業を経て「DP.01」は誕生しました。

“ダンス プライド”の頭文字をとって名付けられた「DP.01」は、年齢や性別を問わず幅広いスタイルにコーディネートしやすい4 カラーを展開します。

「DP.01」はアディダス直営店、adidas ONLINE SHOP(http://shop.adidas.jp/24karats)、ABC-MART にて2014 年6 月6 日より先行発売開始。6 月20 日より一般発売の予定です。

【製品特徴】
日本人に適したフィット感
ラスト(木型)には、日本人の足を分析したアディダス独自の「マイクロフィットラスト」を採用。
さらに、ブレないかかとを追求したスタビライザー(写真)やホールド性の高いインソールにより、ダンスで重要なかかとをはじめ、シューズ全体のフィット感を高めています。

ハニカム構造のハイテク素材
TETSUYA 氏自らがセレクトした、ハニカム構造のハイテク素材をアッパーに使用。屈曲性と耐久性に優れたアッパー素材は、型くずれしにくく高いホールド性を備えるだけでなく、ダンス時によく使用されるつま先のフレキシブルな動きをサポートします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング