劇場版アニメ・シリーズ第16弾『名探偵コナン 11人目のストライカー』いよいよ明日4月14日(土)より東宝系全国ロードショー!

PR TIMES / 2012年4月13日 19時27分



 株式会社トムス・エンタテインメント(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:岡村秀樹、以下トムス)は、株式会社小学館(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:相賀昌宏、以下小学館)、讀賣テレビ放送株式会社(本社:大阪府大阪市 代表取締役社長:望月規夫、以下YTV)、日本テレビ放送網株式会社(本社:東京都港区 代表取締役 会長執行役員:細川知正、以下日テレ)、株式会社小学館集英社プロダクション(本社:東京都千代田区 代表取締役:八木正男、以下ShoPro)、東宝株式会社(本社:東京都千代田区 取締役社長:島谷能成、以下東宝)と共同で、青山剛昌原作「名探偵コナン」劇場版長編アニメーション第16作『名探偵コナン 11人目のストライカー』を製作、いよいよ明日4月14日(土)より東宝系全国ロードショー公開いたします。

 本作は、記念すべき20シーズン目を迎えたJリーグとのコラボレーションが早くも話題となっています。「名探偵コナン」にあっては、原作およびTVシリーズを除き、劇場版アニメとしては初となるサッカーを題材としたミステリー巨編として完成いたしました。

 遠藤保仁選手(ガンバ大阪)、今野泰幸選手(ガンバ大阪)、中村憲剛選手(川崎フロンターレ)、楢崎正剛選手(名古屋グランパス)、そして特別出演・三浦知良選手(横浜FC)の現役Jリーガーが劇中参加し声優挑戦を果たす破格なコラボを実現したほか、コナンの大ファンとして知られる桐谷美玲がゲスト声優参加、主題歌は、いきものがかりによる「ハルウタ」と、本作の魅力は尽きません。

 昨年製作・公開したシリーズ第15作「名探偵コナン 沈黙の15分(クオーター)」は、2012(第35回)日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を受賞しました。この受賞は第10作「名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)」から始まり、6年連続という記録を更新しています。さらに、同作品においては中国での劇場公開で歴代日本映画の興収記録を塗り替え第一位を獲得いたしました。          

 毛利探偵事務所に突然かかってきた脅迫電話。そして、小五郎の目の前で路上の自動車が爆発する!「青い少年と青いシマウマ、上からの雨…」犯人からの挑戦状=謎の暗号を解読しなければ、次の爆破は止められない。小五郎と蘭は、米花市内を駆け廻るが、暗号に翻弄され一向に手掛かりは見つからない。一方、その時、江戸川コナンは、灰原や少年探偵団たちとともに大好きなサッカー観戦を楽しんでいた。ライバルのガンバ大阪を相手に大活躍の東京スピリッツ。試合も佳境に入ったその時かかってきた蘭からの電話。独りその場で暗号解読に乗り出すコナンだが、誰にも止めることが出来ない恐るべき真実を知ることに…!ニッポン中を巻き込む超劇場型計画犯罪に、チームワークで立ち向かう!!果たして、11人目のストライカーとは誰なのか?ハイテンションな物語と劇場版ならではのスケール感、さらにCG技術を巧みに融合させて描かれる数々のアクション・シーンが圧巻の物語です。

 スタッフは、前作から誕生した監督・静野孔文、総監督・山本泰一郎という体制を軸に、脚本は古内一成、音楽は大野克夫、キャストは主人公江戸川コナン役に高山みなみ、毛利蘭役に山崎和佳奈、毛利小五郎役に小山力也など、おなじみの顔ぶれに個性豊かな声優およびゲストが集っています。

 トムスは製作委員会の一員として、国内外を問わず、劇場版アニメーション「名探偵コナン」シリーズの浸透とブランディングを推進してまいります。


◆「名探偵コナン 11人目のストライカー」公式サイト◆
http://www.conan-movie.jp/

(C) 2012 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

<本件に関するお問い合わせ>
株式会社トムス・エンタテインメント 
info@tms-e.co.jp 
制作本部 V1Studio : 石山  TEL:03-3319-1136 FAX:03-3319-2910 
営業本部 企画室 : 千島 TEL:03-5332-6053 FAX:03-5332-8054


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング