安全運転への意識向上のために活用!次世代AIドラレコサービス「DRIVE CHART」をトライアル導入

PR TIMES / 2020年10月21日 20時15分

株式会社みつばコミュニティ(本社:東京都港区/代表取締役社長:平野正志)は、運転事故発生を撲滅するため、様々な取り組みを行っております。
この度、導入に向けて検証を進めている、株式会社Mobility Technologies(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:中島宏)が提供する、AI技術を用いた次世代ドライブレコーダーサービス「DRIVE CHART(ドライブチャート)」のトライアル利用を開始しました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/45351/140/resize/d45351-140-438285-2.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/45351/140/resize/d45351-140-718791-3.jpg ]



DRIVE CHARTとは

株式会社Mobility Technologiesによる次世代AIドラレコサービス「DRIVE CHART」は、軽度な運転リスクも検出し、運転ミスによる交通事故を未然に防ぐ交通事故削減支援サービスです。ドライブレコーダーをベースとした専用車載器から得られる各種データから、交通事故につながる可能性の高い危険シーンを自動検知し、ドライバーの運転傾向を分析します。これにより、一時不停止など自身では認識しにくい危険運転を可視化し、個別最適化された運転改善方法を提案します。担当する運転士が毎日確認することで、運転内容の改善を図り事故を抑止するという仕組みです。


[画像3: https://prtimes.jp/i/45351/140/resize/d45351-140-793222-1.png ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/45351/140/resize/d45351-140-439417-0.png ]




週次のサマリーメールで運転士の安全意識向上を促す

「DRIVE CHART」では、週次の運転成績を個人にメール通知する機能が追加されました。メールアドレスを登録していれば、届いたメールから簡単に運転成績を振り返ることができます。
これまでは、運転成績のレポートを「DRIVE CHART」の管理画面から、運転士が各自スマートフォンで確認を行っていましたが、運転士の中にはスマートフォンの操作が苦手で、確認作業を難しく感じる方も多く、閲覧率が上がらないという点がありました。しかし、メール通知機能を導入した結果、誰でも簡単に確認ができるようになり1人1人の安全運転への意識が高まり、事故抑止につながっております。

現在みつばコミュニティでは、バス50台で「DRIVE CHART」の検証を実施しておりますが、今後は台数を増やし、メール通知機能を活用して、安全・安心なサービスのご提供を続けてまいります。

株式会社みつばコミュニティ

商号:株式会社みつばコミュニティ
代表者:代表取締役社長 平野正志
所在地:〒108-0014 東京都港区芝4-13-3PMO田町東10F
創業:1994年6月
事業内容:自動車運行管理事業
資本金:4,650万円
URL: https://www.mitsuba-c.jp/

ソシオークグループ

商号:ソシオークホールディングス株式会社
代表者:代表取締役社長 大隈 太嘉志
所在地:〒108-0014 東京都港区芝4-13-3PMO田町東10F
設立:2013年10月
事業内容:フードサービス・子育て支援サービス・自動車運行管理サービス・パブリック事業を営む事業会社を擁する持株会社
グループ会社:葉隠勇進株式会社/ハガクレフード株式会社/株式会社明日葉/株式会社あしたばマインド/株式会社みつばコミュニティ/株式会社てしお夢ふぁーむ/株式会社リーフサポート
資本金:9,500万円
URL: https://www.socioak.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング