日本ベーリンガーインゲルハイム、BIファーマシストアワード2014の 募集テーマは「薬剤師が実践する患者中心の医療」に決定

PR TIMES / 2013年6月3日 19時3分

日々の薬剤師業務を通じた医薬品の適正使用等に対する取り組みを表彰

2013年6月3日 日本/東京 
日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:青野 吉晃)はこのほど、第4回目となるBIファーマシストアワード2014の募集テーマを発表しました。BIファーマシストアワードは、日々の薬剤師業務における医薬品の適正使用等に対する優れた取り組みを表彰することを目的に、日本ベーリンガーインゲルハイムが2010年に創設した薬剤師を称える賞です。

今回の募集テーマは、「薬剤師が実践する患者中心の医療」とし、2013年6月3日(月)から2013年12月20日(金)まで、テーマに沿った取り組みを広く募集します。
その中から優秀な取り組みに対してグランプリ(賞金 50万円)、準グランプリ(賞金30万円)、優秀賞(賞金10万円)が授与されます。審査は病院薬剤師業務および保険薬局業務の有識者で構成される選考委員会で厳格に行われ、2014年3月9日(日)に開催される最終選考会において、一次選考を通過した応募者の発表を審査し、各賞が決定されます。

医療従事者は疾病の治療と予防的介入により、国民の健康を確保し、死を看取る医療まで関わることが求められています。その中で病院、診療所、薬局(ドラッグストア、保険薬局)など、様々な施設で働いている薬剤師の果たす役割は大きく、その貢献度はますます高くなっています。

日本ベーリンガーインゲルハイムは、BIファーマシストアワードを通じて、日々の薬剤師業務における医薬品の適正使用や薬物治療、医療費の適正化に貢献するための取り組み・研究の事例を公募し、優れた事例を広く紹介していくことで、チーム医療、地域医療における薬の専門家としての薬剤師業務を支援し、患者ケアを中心とした地域住民志向の薬剤師育成に寄与して参ります。

募集要項

テーマ: 「薬剤師が実践する患者中心の医療」

応募資格: 以下の条件を満たす者とする
(1)日本国内外で薬剤師業務に従事する方
(2)所属施設の承認を得た方
(3)最終選考会[2014年3月9日(日) 東京]にて研究内容を発表出来る方

賞:
グランプリ   (賞金 50万円)
準グランプリ (賞金 30万円)
優秀賞     (賞金 10万円)

応募方法: 以下の手順にてご応募下さい
1. 応募用紙を弊社ホームページ*よりダウンロードし必要事項を記入
2. 応募用紙をE-mailにて送信後、応募論文を事務局へ提出(郵便、宅配等)
・ご提出いただいた応募用紙・応募論文は選考委員以外への提供はいたしません
・採否に係わらず返却いたしませんのであらかじめご了承下さい
・受賞者本人の承諾を得て氏名、所属、研究内容を弊社ホームページ等で公開します
Website:http://www.boehringer-ingelheim.jp/research_development/awards_fellowships/bi_pharmacistaward.html

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング