東浩紀×久田将義【ニコ生タックルズ8周年記念号】東浩紀が動画プラットフォームを企画!?「ニコ生の価格感は古い」!?

PR TIMES / 2020年10月22日 14時15分



 スキャンダルやゴシップ情報、政治問題に裏社会の動きなど、ハードコアな視点で人気を博している久田将義さんのニコニコチャンネル、「久田将義のニコ生タックルズ」。

 10月2日(金)には、ニコ生タックルズの8周年を記念する放送、『東浩紀×久田将義【ニコ生タックルズ8周年記念号】』が行われました。

番組は、東浩紀さんの批評誌「ゲンロン」が10周年を迎えた軌跡、出版の在り方、インターネット配信の在り方など、視聴者も時間を忘れてのめりこむ内容が続き、気が付けば1万1000人を超える視聴者の集まる、大盛況の放送となりました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/50435/141/resize/d50435-141-958036-0.jpg ]


┃東浩紀が批評誌「ゲンロン」の10年間を振り返る!
  久田将義さんが「久ぶりにじっくり話したかった」と語るのは、批評家であり哲学者でもある東浩紀さん。久田さんのニコ生タックルズ8周年と東さんの批評誌『ゲンロン』10周年を記念する祝いのシャンパンをあけるところから番組はスタートとなります。

  「いろいろ聞きたいことがある」という久田さんが東さんに対する質問として最初に選んだのは、「ゲンロンが成功した理由」。
  この質問に対し、東さんは「個々には失敗だらけ。金をかけすぎたり、金のない時に新しいことをしたり。成功した理由とすれば色んな人が助けてくれただけ。金策に翻弄される部分大きかったので、ネット炎上の記憶なんてほとんどない(笑)」と語り視聴者を沸かせました。

  また、「10年間あっという間でしたか?」との久田さんの質問に対し東さんは、「うちの娘の10年って考えるとあっという間なんですが、ゲンロンの10年は長かった!色々ありましたし、当時保育園だった子が中学3年ですからね」と語ると、視聴者も「当時学生でした」「学生だったなあ」「10年は指標になるレベル」と感慨深げにコメントしました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/50435/141/resize/d50435-141-607649-1.jpg ]


┃東浩紀がインディペンデンスな動画プラットフォームを制作中!?
  イベント開催の難しい昨今の状況下で増える「ネット配信」がテーマになると、東さんは現在進めている新たな動きとして、「動画配信プラットフォーム制作中」であることを語ります。

  その理由として次のような言葉を熱く語りました。
  「YouTubeやニコ動にBANされたら終わりというのが凄く嫌なんです」
  「本でも良いものを作ったのに最終的に出版社が出版しない、出版できないということで企画が潰れちゃうのが耐えられないんです。最後は“自分で出せる”という部分をしっかり握っておきたいんです。自由ってそれでしかないと思っているので」
  「最終的には世界中からBANされてもどうにかできるって状況を作るしかないんじゃないか」

  これらの言葉には、久田さんも視聴者も「ホントにインディペンデンスですね!」と感心することしきりでした。
[画像3: https://prtimes.jp/i/50435/141/resize/d50435-141-313563-2.jpg ]


┃ニコ生の価格感はもう古すぎ!?
  番組無料パートの後半には、「久田将義のニコ生タックルズ550円、これ激安ですよ!」と東さんが切り出す形で、話題はインターネット有料配信サービスへと移ります。

  「月4回の配信が1回あたり150円以下っておかしいでしょ」
  「1回の配信が缶コーヒーくらいの価格!?せめてコーヒーショップくらいの価格にしないと」
  「さらに久田さんに入る分なんてもっと少ないんでしょ?コーヒーも飲めない」

  東さんの問題提起からインターネット有料配信サービスの歴史が簡単に振り返られると、「ニコ生って歴史が古いから、当時の価格のままなんですよね」「昔はなんでも無料があたりまえで、課金への風当たりが強かった」「今はコロナ過もあり有料ネット配信があたりまえになっている」「そろそろ価格感を変えていくべき」といった議論が展開され、視聴者も「払わない人と課金したい人の二極化」「スパチャとかに比べたらなあw」とコメントを通じた議論参加で盛り上がりました。

[画像4: https://prtimes.jp/i/50435/141/resize/d50435-141-561514-3.jpg ]



  東浩紀さん、久田将義さんによるエッジ―な視点からの、奥深いトーク、続くチャンネル会員限定パートも必聴なので、是非この機会に「久田将義のニコ生タックルズ」へご入会してみてはいかがでしょう。

【放送概要】
番組名  :東浩紀×久田将義【ニコ生タックルズ8周年記念号】
■2020年10月02日(金)21:00~26:15
URL: https://bit.ly/2HcQZ6B
   出演:東浩紀、久田将義

【久田将義のニコ生タックルズ】
TABLO( http://tablo.jp/)編集長の久田将義がお送りする『ニコ生タックルズ』【久田将義】『実話ナックルズ』『ダークサイドJAPAN』『NONFIXナックルズ』『HARDCOREナックルズ』元編集長、現『TABLO』( http://tablo.jp/)編集長。原発、事件、アウトロー、芸能を取材。抗議、恫喝、恐喝、脅迫、裁判多数。著作『関東連合-六本木アウトローの正体』(ちくま新書)『トラブルなう』『原発アウトロー青春白書』(ミリオン出版)『僕たちの時代』(毎日新聞・共著)
URL: https://bit.ly/2TbIRoX
月額:550円

【久田将義と吉田豪の噂のワイドショー】
URL: https://bit.ly/35iPFqG

【ニコニコチャンネル概要】
「ニコニコチャンネル」は、企業・団体が動画・生放送・記事・ブログなどを配信ができるプラットフォームとして2008年にサービスを開始。2013年12月からは企業・団体だけでなく一般ユーザーも対象となる「ユーザーチャンネル」を開始。現在、開設されている8,660チャンネルのうち、有料チャンネルは1,423chで、国内最大級のサブスクリプション型“ファンコミュニティプラットフォーム”として成長を続けています。※チャンネル数は2019年3月末時点
URL: https://bit.ly/2FSXTNC

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング