5時間経過しても冷めない・熱いまま!保温・保冷ステンレスミニボトル 。コーヒーなどこれからの季節に最適な真空ボトル!

PR TIMES / 2020年9月16日 9時45分

小さいカバンにすっぽり入る超軽量スリムでコンパクト。真空断熱でしっかり保温保冷できる強い味方!SUS304使用しています。

株式会社ギャレリアインターナショナル(本社:東京都渋谷区、代表取締役:阪崎英一郎)は、5時間経過しても冷めない・熱いまま!保温・保冷ステンレスミニボトルを発売致します。これから寒い季節に活躍するアイテムであること間違いない。



[画像1: https://prtimes.jp/i/56550/141/resize/d56550-141-576285-0.jpg ]


購入サイト: https://shop.galleria-intl.com/items/33837595
価格:980円(税込)
[画像2: https://prtimes.jp/i/56550/141/resize/d56550-141-584633-1.jpg ]

SUS304を使用したステンレスボトルです。毎日どんどん使いたい、デザイン性と機能性を両立したステンレスボトルです。

特徴


カバンにも入る軽量スリムなボトルデザイン。
お洒落なデザインだけでなく、広口仕様で実用性もしっかり確保!
デスクでのワークタイムはマイカップ代わりに活躍。
広い飲み口で氷も入れやすい。
ステンレス2層構造で保温・保冷に優れています。


[画像3: https://prtimes.jp/i/56550/141/resize/d56550-141-775911-2.jpg ]



SUS304の特徴

SUS304はクロムとニッケルを成分に含むオーステナイト系ステンレスの代表格です。最もよく使われるステンレスです。基本的な性質は、他のステンレスとの比較で見た場合、耐食性に特化したタイプには及ばないものの、大気中での耐食性、耐酸性、耐孔食性、隙間腐食への耐性といった錆や腐食に強い点がまず挙げられます。

また、高温強度、高温酸化、高温硫化、低温強度、低温靭性といった高温や極低温の双方の環境で耐熱性と強度を維持する性能を持っています。常温でも疲労、切欠感受性に強いといった強度面で優れます。加工性については、力を加えると硬化してしまう加工硬化が激しく出るといった難点があるものの、溶接がしやすく、冷間成形においては深絞り加工、張出し加工どちらにも優れた特徴を見せる材料です。こうしたことから加工対象になることも多い素材で、多くの工業分野で目にする材料の一つです。

[画像4: https://prtimes.jp/i/56550/141/resize/d56550-141-954124-9.jpg ]




ポイント



[画像5: https://prtimes.jp/i/56550/141/resize/d56550-141-302715-6.jpg ]



[画像6: https://prtimes.jp/i/56550/141/resize/d56550-141-293218-5.jpg ]



[画像7: https://prtimes.jp/i/56550/141/resize/d56550-141-153235-4.jpg ]



[画像8: https://prtimes.jp/i/56550/141/resize/d56550-141-110801-3.jpg ]



しっかりとしたパッキンで漏れにくく安心して持ち運べる。


飲み口を大きいので、大きな氷を入れたりできます。またお手入れが簡単です。


真空二重構造なので、保冷保温性も抜群です。
裏面にはゴムがありデスク周りでも滑りません。


ステンレス素材なので、錆びにくく口元も優しい質感。



商品詳細



[画像9: https://prtimes.jp/i/56550/141/resize/d56550-141-368773-7.jpg ]

[画像10: https://prtimes.jp/i/56550/141/resize/d56550-141-502614-8.jpg ]



カラー:アクアブルー、ホワイト、サクラ、ネイビー

[表: https://prtimes.jp/data/corp/56550/table/141_1.jpg ]





■一般購入店舗各地お土産屋さん、駅構内の売店やドラッグストア、コンビニやサービスエリアなど。
※随時販売エリアを追加していきます。

お取り扱い希望は下記までご連絡ください。
株式会社ギャレリアインターナショナル
広報担当:TEL:03-4500-8253 (西村)
メールアドレス:info@galleria-intl.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング