東京急行電鉄 「自由が丘駅」に、有機EL照明器具、LED照明器具などを納入。「スマートモデル自由が丘駅 あかりプロジェクト」

PR TIMES / 2012年3月30日 19時29分



パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、有機EL照明器具29台とLED照明器具約1,174台に加え、照明制御・調光システム、電力量検針システムなどを、東京急行電鉄株式会社 東横線・大井町線「自由が丘駅」に納入。工事が完了したことを記念し、2012年3月30日11時より自由が丘駅にて点灯式が実施されました。


-関連URL-
▼有機EL照明デバイス Eleaf(イーリーフ)
http://www2.panasonic.biz/es/lighting/device/oled/
▼パナソニック出光OLED照明株式会社
http://www2.panasonic.co.jp/es/pesiol/technology/
▼照明器具 納入事例集
http://www2.panasonic.biz/es/works/search/top-lighting


これは、環境省が推進するチャレンジ25地域づくり事業(※1)の「大規模駅周辺等の低炭素化~街の中心からCO2を25%カットして周辺へも波及~」において、東京急行電鉄株式会社が提案し、採択された「スマートモデル自由が丘駅 あかりプロジェクト」に、パナソニック株式会社 エコソリューションズ社の照明器具などが採用されたものです。このプロジェクトは、人が多く集まる鉄道の駅を中心とした、適切なエネルギーマネジメントにより、省エネの推進およびCO2排出量削減を目指すもの。この取り組みにより、駅全体で使用している電力量を約25%(照明のみで比較すると約40%(※2))削減でき、年間約131トン(※3)のCO2削減を目指しています。 

有機EL照明器具は8種類合計29台、正面口改札窓口(シースルー改札口)に19台(有機EL照明モジュールを合計184個使用)と定期券うりばに10台(有機EL照明モジュールを合計92個使用)設置。駅施設の一般照明としての有機EL照明器具の実用的設置は日本で初めて(※4)となります。LED照明器具はホームに494台、コンコースに238台、駅務室、旅客トイレに290台、旅行センター構内売店に152台設置されています。ホームや階段には明るさ感を向上させたLED照明器具を設置。さらに鉄道の駅では導入実績の少ない照明制御・調光システムを導入、コンコースでは時間帯によって色温度を変化させ、省エネと快適性を両立しています。また照度センサ(47台)、人感センサ(168台)(センサ合計215台)なども組み合わせてLED照明器具を制御することで、さらなる省エネに貢献します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング