BSIジャパンが、国際規格であるISO27001に基づく情報セキュリティマネジメントシステム認証を「株式会社 エスエーティ」に授与

PR TIMES / 2012年11月2日 9時40分



 BSIグループジャパン株式会社(東京都港区 代表取締役社長 竹尾 直章、以下BSIジャパン)は、株式会社エスエーティ(東京都府中市 代表者 蔵満 茂、以下エスエーティ)へ“ISO27001に基づく情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS) ” の認証を授与しました。

 エスエーティは、ICTシステムの販売、設計、構築、保守サービスを柱として事業展開している企業であり、外資系・日系のコンピュータメーカーにおいて、ハードウェアやソフトウェアの構築・保守サポートに携わった技術者が中心となって構成されています。保守サポートで培った高い技術力で、お客様のICTプラットフォームのサポートを実施しています。
高品質な営業力、技術力で最新のICT技術をメーカ論理でなく、お客様視点で最適で効果のあるICTシステムをお客様と共に考え構築、サポートすることでお客様、社会から必要とされる会社になるという理念を持っています。
 
 ISO27001規格は、情報資産を保護し、顧客、取引先といった利害関係者からの信頼を得るセキュリティ統制の確保を目的としたマネジメントシステムの国際規格のことです。“ ISO27001に基づく情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)” を導入することにより、情報セキュリティを継続的に改善しながら、情報リスクと脅威を効果的に管理することが出来るようになります。

 エスエーティでは、この “ISO27001に基づく情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)”の構築を行い、BSIよりISMS認証を取得しました。これにより、自組織の情報セキュリティを国際的なレベルまで高められ、業務上取り扱う情報のセキュリティを確保して、顧客、取引先などの利害関係者が安心して業務を委託できる情報管理体制を確立しました。


<株式会社エスエーティ 代表者 蔵満 茂 様からのコメント>
◆ISO27001認証取得の目的
 弊社は、ICTインフラシステムの販売、設計、構築、保守サービスをパートナー各社様と共にお客様に提供をしております。
 お客様に満足いただくサービス提供をするうえで、お客様の大切な情報資産を機密性、完全性および可用性を確保し維持し改善するため、高い技術力で保護されたICTシステムと社員全員の高い意識をもってISMS基本方針を定め、情報セキュリティマネジメントシステムを確立し、実施するためにISO27001認証を取得することに致しました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング