フリースケール、NeusoftおよびGreen Hills Softwareと協業し、ADASビジョン・アプリケーション向け開発エコシステムを形成

PR TIMES / 2014年5月20日 11時45分

ハードウェアとソフトウェアの包括的なプラットフォームによりアルゴリズム開発と 安全性評価の工程を簡略化し、コストを削減して市場への製品投入を迅速化

2014年5月20日、Freescale Semiconductor, Inc.発表本文の抄訳です。

中国、深セン-2014年5月20日-(フリースケール・テクノロジ・フォーラム・チャイナ)-フリースケール・セミコンダクタ(NYSE:FSL)は、次世代の車載用ビジョン・アプリケーションの開発を飛躍的に高速化、および簡略化されるため、Neusoft Corporation(“Neusoft”、SSE:600718)およびGreen Hills Softwareと包括的な高度運転支援システム(ADAS:Advanced Driver Assistance Systems)エコシステム形成について協業しています。

ADASビジョン・システムが自動車のブレーキ・システムやステアリング・システムを広くサポートするようになった現在、開発者やシステム設計者が必要としているのは車載セーフティの厳密なプロトコルに対応し、かつISO 26262の機能安全規格に準拠するターンキー・ソリューションです。ADASに特化したこのエコシステムは、開発工程での時間を要する作業を合理化し、複雑なアルゴリズムをハードウェア側で実現することで、そうした課題に対応するために形成されました。

3社共同で開発されるソリューションは、フリースケールが提供するCogniVue CorporationのAPEX画像認識処理(ICP:Image Cognition Processing)の知的財産(IP)に加え、NeusoftのADASビジョン・アプリケーションに収められた先進のシリコンアウェア・ソフトウェア、および機能安全を専門とするGreen Hills Softwareの、安全認証を受けたINTEGRITY(R)オペレーティング・システムとMULTI(R)ツール・チェーンを統合。その結果として生まれるのは、ISO 26262のASILに適合したソフトウェアを基盤とする包括的なADASビジョン・ソリューションです。ターゲットとなるアプリケーションには、歩行者検知、道路標識認識、衝突防止など、先進的なADAS機能が含まれます。

フリースケールの副社長兼車載マイクロコントローラ・グループ、プロダクト・マネジメント&グローバル・マーケティング担当のレイ・コーニンは次のように述べています。「第一世代のADAS製品を将来の自律型自動車に合わせて進化させるには、高機能のオブジェクト認識とオブジェクト識別技術の統合が不可欠です。意思決定およびリアルタイムによるオブジェクト識別処理におけるADASビジョン技術の役割は拡大を続けており、各社は将来の成功のためにフリースケールと同じく安全志向のビジョン・システムへの注力に軸足を移しています。」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング