ソニーグループのチャリティ・プログラム 「第45回愛の泉」募金 助成支援団体決定

PR TIMES / 2013年8月6日 13時38分

“RESTART JAPANファンド”夢実現プロジェクトへの寄付金贈呈で活動支援 ―チャレンジを続ける子どもたちをサポート―

 東京・銀座 ソニービルでは、2012年12月3日(月)~2013年1月14日(月・祝)の期間、ソニーグループ18社2財団の共催で、チャリティ募金イベント「第45回愛の泉」を開催し、過去最高額の、合計3,773,914円の募金が集まりました。

 募金は、公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンを通じて東日本大震災復興支援プロジェクト“RESTART JAPANファンド”のひとつ、スポーツや文化活動を通じて子どもたちの“夢・チャレンジ”をサポートする夢実現プロジェクト(※)の第三期の助成金として使われます。
 そしてこの度、 “夢実現プロジェクト”第三期の助成支援団体が決定しました。




※画像は第二期の活動の様子

 第三期助成金、贈呈先団体の選定は7月末まで行われ、申請期間に受け付けた応募総数は、90件以上となりました。支援が決定した各団体の活動は、8月1日から順次スタートしております。

 震災から2年以上が経ちますが、活動場所や、備品の確保、部員の減少など、子どもたちの活動には依然課題があります。スポーツや文化活動を通じた子どもたちの夢や目標、震災の影響や復旧状況などを考慮しながら、厳選なる審査を行い決定した40団体のうち、12団体が「第45回愛の泉」の募金で支援されることになりました。
 ソニービルでは今後も夢実現プロジェクトに協力し、助成支援を通じて子どもたちの夢やチャレンジを応援していきます。

※夢実現プロジェクト
 震災の影響で中断されてしまった学校や地域のスポーツ・文化活動の再開、また新たな活動のスタートを後押しすることで、子どもたちが日常生活における楽しさを取り戻し、将来に向けた展望を持つ助けとなることを目指し、RESTART JAPANの支援事業の一環として、活動団体への助成、支援を行うものです。

 http://www.savechildren.or.jp/restartjapan/program/dreamsproject/


◆第三期助成支援団体について
・助成支援団体 : 岩手県、宮城県、福島県で活動する学校やコミュニティ団体など

・助成内容    : 1団体あたり上限30万円での助成金を支給
岩手県、宮城県、福島県で活動する学校やコミュニティ団体などへ、大会や練習試合等への遠征費(参加費、交通費、宿泊費等)、震災により破損・流失した備品等の購入費、練習・試合用ユニフォームなどの購入費として使われます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング